京丹後市に隣接するエリア

京丹後市の関連リンク

京丹後市の温泉地 > おすすめ度5[秀]★★★★★ (1件)

夕日ヶ浦温泉(ユウヒガウラオンセン) 大阪から約3時間、夕日の名勝「夕日ヶ浦」に沸く通称「美人の湯」他に神経痛や疲労などにも効能があるとか。静かな海辺の町に旅館・民宿が点在する。春、秋は豊富な地魚を、夏は海の家も登場する約8Kmのロングビーチで海水浴を、冬は自慢のカニ料理を戴けるのも魅力。 [じゃらん] 京都府 京丹後市 網野町浜詰

京丹後市の温泉地 > おすすめ度3[良]★★★ (8件)

外湯 花ゆうみ(ソトユ ハナユウミ) KTR木津温泉駅から車で。 [じゃらん] 京都府 京丹後市 網野町浜詰
木津温泉(キツオンセン) 周辺にのどかな田園風景が広がる木津温泉は、丹後半島西部に位置する。歴史は古く、約1200年前に僧・行基が、シラサギが傷を癒しているのを見て発見したと伝わる。そのため別名しらさぎ温泉とも呼ばれ、古湯として名高く、湯はなめらかだ。作家・松本清張が滞在し、「Dの複合」という推理小説を書いた老舗宿の「丹後の湯宿ゑびすや」など、5軒の宿が温泉を引く。 自動車:宮津与謝道路与謝天橋立ICから国道176号・312号、府道17号、国道178号経由30km。 [るるぶ] 京都府 京丹後市 網野町木津
蒲井温泉(カマイオンセン) 利用する源泉(長者の湯)から直接ひいた温泉を使っており、泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉である。湯上り後も体がポカポカしており、湯冷めしにくいと言われている。周辺地域の温泉の泉質が単純温泉である中、蒲井温泉はナトリウム・カルシウム塩化物泉であり珍しいとされている。 [じゃらん] 京都府 京丹後市 久美浜町蒲井
鳴き砂温泉(ナキスナオンセン) 「日本の渚百選」にも選定された鳴き砂の浜として知られる丹後半島にある琴引浜。ドラマのロケなどにも使用される1.8kmの美しい砂浜で、夏は海水浴場としても賑わう。この鳴き砂の浜の周辺の宿が引くことから名付けられた鳴き砂温泉は、pH9.48の肌がつるつるする美肌の湯のアルカリ性単純温泉。国道178号線沿いに続く12軒ほどの旅館・民宿などの宿泊施設が、この温泉を引いている。冬はカニ料理目当ての宿泊客…。 自動車:宮津与謝道路与謝天橋立ICから国道176号・312号・482号、府道663号経由25km。 [るるぶ] 京都府 京丹後市 網野町掛津
二塚温泉(ニツカオンセン) 京丹後市網野町の北部、日本海に突き出た断崖から湧き出る温泉。約800年もの歴史を持つ古湯で、その昔、丹後の地に大陸の先進技術を伝えた渡来人たちの功績を讃えるために塚を作った際に湧き出てきたと伝えられている。無色透明のアルカリ単純泉で、現在は一軒宿「旅亭琴のや」の湯船で楽しめる。刻々と変化する表情豊かな日本海の大パノラマを心行くまで堪能できる展望大浴場を完備。特に海が輝く落陽時と…。 [ゆこゆこ] 京都府 京丹後市 網野町三津297付近
木橋温泉(キハシオンセン) 体験型農業公園「あじわいの郷」内にあるプチホテル「ゆーらぴあホテル」にのみ湧く温泉。サラリと肌に優しいこの温泉は、疲労や神経痛に効能もある。夏から秋にかけては併設されているフルーツ園で果物狩りが出来るのも魅力!11月から3月末までは、ホテルでカニ料理が戴けるのも嬉しい。 [じゃらん] 京都府 京丹後市 弥栄町鳥取
小天橋温泉きららの湯(ショウテンキョウオンセンキララノユ) キラキラと輝く"小天橋の海辺に湧く温泉。 [ゆこゆこ] 京都府 京丹後市 久美浜町湊宮2026付近
神の温泉(カミノオンセン) 日本海と久美浜湾を隔てる大砂嘴・小天橋に立地する温泉宿「みなと悠悠」の自家源泉。久美の浜温泉郷に属し、神の温泉を名乗る。大浴場には、男女それぞれ内湯、露天風呂、打たせ湯を備え、基本ほぼ源泉かけ流しで温泉を使用している(時期により加温・加水あり)入浴すれば肌がつるつるし、浴後はさっぱり感がある。シーズンに応じて、カニをはじめとする日本海の海の幸の料理など、約40種類以上の料理が並ぶ…。 自動車:宮津与謝道路与謝天橋立ICから国道176号・312号、府道17号、国道178号、県道49号経由40km。 [るるぶ] 京都府 京丹後市 久美浜町湊宮

京丹後市の温泉地 > その他 (10件)

丹後温泉(タンゴオンセン) ★★ 日本海に面した京丹後市(旧丹後町)難読地名「間人(たいざ-港の近くに佇む温泉地。間人港といえば、"究極の"と枕詞がつく高級松葉ガニ「間人ガニ」で知られる。数日停泊する沖合いカニ漁に対し、間人では地元漁協の小型船が近海に繰り出し、その日のうちに水揚げする「日帰り操業」を実践。緑色のタグ(識別票)が付けられた新鮮なカニだけが晴れて「間人ガニ」を名乗る事ができる。海が荒れる冬場は供給も不安定で…。 [ゆこゆこ] 京都府 京丹後市 丹後町間人6321
浅茂川浦島温泉(アサモガワウラシマオンセン) ★★ 浅茂川漁港近くに湧くこの温泉は少し粘性のある無色透明のアルカリ単純泉。神経痛や疲労にも効果があるとされ、地元では「美人の湯」と呼ばれ親しまれている。また、料理は漁港も近いため新鮮な日本海の幸が味わえ、特に冬は日本海名物のカニ料理が戴けるのも魅力!。 [じゃらん] 京都府 京丹後市 網野町浅茂川
木津・夕日ヶ浦温泉(キツユウヒガウラオンセン) ★★ 田園地帯に湧く木津温泉は、行基が発見したと伝わる古湯。夕日ヶ浦温泉は木津からほど近い浜詰地区の海浜に湧出する華やかな湯処。さらに近年は離湖や琴引浜周辺での温泉ラッシュが続いている。 北近畿タンゴ鉄道宮津線木津温泉駅から徒歩15分(木津温泉)北近畿タンゴ鉄道宮津線網野駅からタクシーで10分(夕日ヶ浦温泉)。 [楽天] 京都府 京丹後市 網野町木津浜詰ほか
丹後はなれ湖温泉(タンゴハナレコオンセン) ★★ 夕日ヶ浦エリアにあるが、湯は府下最大の淡水湖、離湖近くに湧く単独源泉。さらりとした軟らかい泉質で、療養泉としての効果も高い。数件の宿があり、いずれも松葉ガニ料理が名物。 北近畿タンゴ鉄道宮津線網野駅から丹後海陸交通間人行きバスで10分、ふるさと病院下車すぐ。 [楽天] 京都府 京丹後市 網野町小浜
宇川温泉(ウカワオンセン) ★★ 地産地消を目的とした施設「よし野の里」に湧く宇川温泉。日本海を湯船から一望できる海の温泉「龍宮」と、目の前に竹林が広がる山の温泉「香具夜」からなる。日替わりで男女を入れ替えており、日帰り入浴も可能だ(営業時間等要確認)それぞれにあつ湯、ぬる湯、サウナ、露天風呂を備えている。広大な敷地にはコテージ、レストラン、農業体験ができる農園や果樹園などが点在する。 自動車:宮津与謝道路与謝天橋立ICから国道178号・312号・482号・178号経由38km。 [るるぶ] 京都府 京丹後市 丹後町久僧
久美の浜温泉郷(クミノハマオンセンキョウ) ★★ 久美浜湾周辺にある久美浜温泉や、久美浜シーサード温泉、神の温泉、小天橋温泉などを総称して久美の浜温泉郷といい、20軒以上の宿泊施設が点在する。温泉は、美しい肌をつくる若返りの湯として女性に人気。湾沿いのレジャーも魅力。「久美浜温泉湯元館」の滝が流れる豪快な露天風呂が人気で、日帰り入浴も可能だ(営業時間等要確認)。 自動車:宮津与謝道路与謝天橋立ICから国道176号・312号、府道17号、国道178号経由37km。 [るるぶ] 京都府 京丹後市 久美浜町湊宮2118付近
間人温泉郷(タイザオンセンキョウ) ★★ 聖徳太子の生母・間人(はしうど)皇后から、由来されているとの伝承が残る地。間人港で水揚げされたズワイガニは、鮮度は抜群で、『幻の間人ガニ』と呼ばれている。新鮮な魚介と日本海の雄大な眺めながら入浴できるところが多く、体と心の芯からごゆっくりお寛ぎください。 [楽天] 京都府 京丹後市 丹後町間人
八丁浜小浜温泉(ハッチョウハマコバマオンセン) ★ 不老不死の霊菓「非時香菓(ときじのかぐのみ-を探すという垂仁天皇の命を受けた田道間守が、その実「橘」を持ち帰った土地と伝えられる網野町木津。橘の読みが転じて、現在の地名・木津(きつ)になったと言われる。日本海に面して美しい海岸線が連なる丹後半島のなかでも、特に美しい夕日が望めるビーチとして名高い「夕日ヶ浦」や、その昔修行者が刻んだとされる不動明王が垣間見える「不動の滝」梨やブドウがたわわに実る…。 [ゆこゆこ] 京都府 京丹後市 網野町小浜467付近
浜詰温泉(ハマヅメオンセン) 浜詰海岸に湧く温泉。泉質は弱アルカリ泉で神経痛などに効果的。 北近畿タンゴ鉄道宮津線木津温泉駅から徒歩15分。 京都府 京丹後市 網野町浜詰
小野小町温泉(オノノコマチオンセン) 寝湯、露天風呂がある。小野小町に縁ある土地で名付けられた温泉。 北近畿タンゴ鉄道宮津線丹後大宮駅から徒歩20分。 京都府 京丹後市 大宮町三坂有明
Copyright(C)2013, IPC Ltd. All rights reserved.