帯広市の観光スポット > おすすめ度5[秀]★★★★★ (1件)

六花亭本店(ロッカテイホンテン) 独創的な和洋菓子で、菓子の街・帯広を代表する名菓店。おなじみのマルセイバターサンド5個入580円や、フリーズドライ苺をホワイトチョコで包んだストロベリーチョコ115g550円、甘さ控えめのカスタードクリームをサクッとした歯触りのパイで包んだサクサクパイ150円がおすすめ。地元で人気のケーキは140円~で、本店には常時20~25種類が並んでいる。ショートケーキ180円。テイクアウトのほか…。 JR帯広駅→徒歩5分。 [るるぶ] 北海道 帯広市 西二条南9丁目6

帯広市の観光スポット > おすすめ度4[優]★★★★ (3件)

クランベリー 本店(クランベリー ホンテン) 地元で人気が高い洋菓子店。名物は、サツマイモを丸ごと1個使ったスイートポテト100g199円の量り売り。ほどよい甘さと風味が女性に好評だ。サツマイモの皮の上に自家製のカスタードクリームとスイートポテトをのせ、こんがり焼き上げてある。このほか、紫イモを使った読谷[よみたん]ソフト136円も味わってみたい。まろやかな風味が楽しめる。 JR帯広駅→徒歩10分。 [るるぶ] 北海道 帯広市 西二条南6丁目25
真鍋庭園(マナベ テイエン) 北ヨーロッパの樹木と日本庭園を合わせた珍しい庭園で、面積は日本一です。樹齢千年を越す巨木やエゾ松、トド松等、数100万本に及ぶ樹木と、明治時代当時の皇太子が北海道行啓を行うため帯広市中心部に建設された御在所「真正閣」があります。大正時代には皇太子の「お休み所」となっていました。 (1)帯広駅から車で(2)帯広駅からバスで(十勝バス「南北循環線、工業高・北高行き-西4条39丁目』下車。)西4条39丁目から徒歩で(3)音更帯広I.Cから車で。 [じゃらん] 北海道 帯広市 稲田町東2線6
柳月大通本店(リュウゲツオオドオリホンテン) 昭和22年に創業した十勝の和洋菓子専門店。随時、100種類以上のお菓子が並んでいる。北海道や十勝の原材料にこだわり、お菓子作りをしている。中でも北海道の開拓時代の薪をイメージした「三方六(さんぽうろく-がロングセラーの代表銘菓。しっとりとしたバウムクーヘンで、白樺の木肌をチョコレートで表現した。昭和43年の発売当時から多くの人から大人気。北海道らしい風情は、お土産にぴったり。また…。 自動車:とかち帯広空港から国道236号経由40分。 [るるぶ] 北海道 帯広市 大通南8丁目15

帯広市の観光スポット > おすすめ度3[良]★★★ (11件)

紫竹ガーデン遊華(シチク ガーデン ユウゲ) 18,000坪の草花のシンフォニーガーデン。約2,500種以上の花々が季節毎に美しさを見せてくれます。レストランでは、野菜たっぷりのお花見弁当やスープカレー、ソフトクリームなどを楽しめます。 [じゃらん] 北海道 帯広市 美栄町西4線107
馬の資料館(ウマノシリョウカン) 帯広競馬場敷地内「とかちむら」の隣にある資料館。十勝の開拓に活躍した農耕馬や、その力比べから発展したばんえい競馬の歴史を、実物の展示物や映像から知ることができる。また、とかち観光情報センターサテライトとして、観光案内はもちろん、さまざまな十勝の情報を発信している。 自動車:とかち帯広空港から国道236号経由40分。 [るるぶ] 北海道 帯広市 西十三条南9丁目1
高橋まんじゅう屋(タカハシマンジュウヤ) 1954年(昭和29)創業、「たかまん」の愛称で親しまれるおやきと大判焼きの店。夏はソフトクリーム150円やかき氷(小)220円も人気。 自動車:とかち帯広空港から国道236号経由40分。 [るるぶ] 北海道 帯広市 東一条南5丁目194
緑ケ丘公園(ミドリガオカコウエン) 帯広市の中心地にある50万平方mという広大な敷地をもつ公園。園内には帯広の歴史がわかる帯広百年記念館、道東ゆかりの作家作品を中心に展示する北海道立帯広美術館、おびひろ動物園、帯広野草園、芝生の広場グリーンパークなどがあり、市民の憩いの場となっている。 自動車:とかち帯広空港から国道236号経由40分。 [るるぶ] 北海道 帯広市 緑ケ丘2
おびひろ動物園(オビヒロドウブツエン) 緑ヶ丘公園内にある動物園。北海道内で唯一のゾウをはじめ、70種類、400点ほどの動物を飼育。植村直己記念館や、空中観覧車などを備える遊園地も併設。 JR根室本線帯広駅から十勝バス大空団地線で18分、動物園前下車、徒歩5分。 [楽天] 北海道 帯広市 緑ケ丘2
オベリベリ温泉 水光園(オベリベリオンセンスイコウエン) 帯広川のほとりにある市民の憩いの場。冷たい湧き水がきらきら光って見えたことから「水光園」と名付けられた。静かな緑地公園で、春は桜、秋は紅葉、楓が美しい。温泉の日帰り入浴も楽しめる。また、ここから400mほど西には「帯広発祥の地」の記念碑が立っている。 [じゃらん] 北海道 帯広市 東十条南5丁目6
旧愛国駅(キュウアイコクエキ) 「愛の国から幸福へ」で有名な旧国鉄広尾線の駅。現在は交通資料館として、当時使用していた切符やSLなどを展示。道道962号を分岐する信号の先の脇道にある。 JR根室本線帯広駅からタクシーで20分。 [楽天] 北海道 帯広市 愛国町基線3940
帯広百年記念館(オビヒロヒャクネンキネンカン) 十勝の自然や人と文化、アイヌ民族などを歴史的に紹介する「十勝のおいたちと先住の人々」開拓期の十勝の自然や人々の生活ぶりを追った「開拓の夜明けと発展」農機具類の開発と改良から冷害問題、収穫物などを扱った「十勝農業王国の確立」などの展示。また、日本には2つしかないマンモスゾウの実物大模型があるのも、この記念館の特徴となっている。 [じゃらん] 北海道 帯広市 緑ケ丘2
岩内自然の村(イワナイシゼンノムラ) 共同生活をしながら草木、昆虫、野鳥などを観察したり、オリエンテーリングで体を鍛えたり、さらにレクリエーションを通して自然に親しむための社会教育の場である。マウンテンバイクコースもある。 [じゃらん] 北海道 帯広市 岩内町70
とかち帯広空港(トカチオビヒロクウコウ) 世界的建築設計家の黒川紀章氏によるデザイン。2Fにショップとレストランがあり、十勝に本店がある六花亭や柳月の商品が並ぶ。 自動車:帯広広尾道幸福ICから4km5分。 [るるぶ] 北海道 帯広市 泉町西9線中841
とかちむら(トカチムラ) 旬の野菜や加工品が並ぶ「産直市場」ここだけの料理が味わえる「キッチン」スイーツや土産物が揃う「スイーツ&セレクト」の3ゾーンで買い物と食事が楽しめる。 JR根室本線帯広駅から十勝バス本社行きで15分、競馬場前下車すぐ。 北海道 帯広市 西十三条南8丁目1帯広競馬場敷地内

帯広市の観光スポット > その他 (11件)

旧幸福駅(キュウコウフクエキ) ★★ 「愛の国から幸福へ」という切符が、幸福へのパスポートになり全国ブームとなりました。昭和62年、58年間続いた広尾線が廃止になり幸福駅は鉄道公園になりましたが、今でも根強い人気を保っています。素朴な木造駅舎、板張りのプラットホームは昔のままです。 [じゃらん] 北海道 帯広市 幸福町東1線
とかち物産センター(トカチ ブッサン センター) ★★ 帯広、十勝の観光案内、旅のコーディネートをさせていただく「コーディネートセンター」十勝はもとより、道内のパンフレットも揃えております。物産コーナーでは、特産物販売や、各地の物産展も開催しています。 [じゃらん] 北海道 帯広市 西二条南12丁目
植村直己記念館「氷雪の家」(ウエムラナオミ キネンカン ヒヨウセツノイエ) ★★ イグルーを形どった半円形のドーム内に冒険家故植村直己氏の冒険歴と,マッキンリーや北極点,グリーンランド縦断に使った遺品,犬ぞりなどを展示。 (1)帯広駅から車で(2)帯広駅からバスで(十勝バス「大空団地線、大空行き-動物園前』下車。)動物園前から徒歩で(3)帯広駅からバスで(拓殖バス「南商業高校線-ニュータウン23条線-帯広の森・白樺学園線-緑ヶ丘6丁目』下車。)緑ヶ丘6丁目から徒歩で(4)音更帯広ICから車で。 [じゃらん] 北海道 帯広市 緑ケ丘2
とかちプラザ(トカチプラザ) ★★ 市の公共施設であるとかちプラザに隣接されている、かなり整備された公園です。帯広駅を南に出て徒歩5分です。ばんえい競馬を見に行くつもりだったのですが、この日はやっておらず、仕方なくこの公園で帯広駅構内の…。 JR根室本線 帯広駅 から徒歩5分。 北海道 帯広市 西四条南13丁目
八千代公共育成牧場(ヤチヨコウキョウイクセイボクジョウ) ★★ 総面積は東京ドームが220個も入る約996ha。夏場はおよそ1400頭の牛が放牧される大きなスケールの牧場だ。敷地内の帯広市畜産物加工研修センターでは、ソーセージ作りが体験できる。また、宿泊施設やレストランなどを完備している畜産研修センターカウベルハウスは小高い丘の上に立ち、広大な牧場を望む展望スポット。羊毛の紡毛や染色などの加工体験もできる。 自動車:帯広広尾道帯広川西ICから20分。 [るるぶ] 北海道 帯広市 八千代町西4線1871
ポロシリ自然公園オートキャンプ場(ポロシリシゼンコウエンオートキャンプジョウ) ★★ 芝生のきれいなキャンプ場。 帯広広尾自動車道帯広川西ICから国道236号を中札内方面へ出て、川西町交差点で一般道へ直進。戸蔦橋を渡り、看板に従い右折して現地へ。帯広川西ICから23km。 北海道 帯広市 拓成町第2基線27
ばんえい十勝 体重約1tもある大きなばん馬が、重い鉄のソリを引きながら2カ所の坂を越えて全長200mの直線コースを走る、迫力満点の競馬。北海道遺産に指定されている。観客も馬とともに移動しながら応援する。 JR帯広駅→車8分。 [るるぶ] 北海道 帯広市 西十三条南9丁目
北海道立帯広美術館(ホッカイドウリツオビヒロビジュツカン) ★ 道東の美術、プリントアート、西洋の風景画・風俗画を中心に貯蔵。 JR根室本線帯広駅から拓殖バス帯広の森線または南商業高校線で16分、緑ヶ丘6丁目美術館入口下車、徒歩4分。 北海道 帯広市 緑ケ丘2
ビート資料館(ビートシリョウカン) 砂糖大根ともいわれる十勝を代表する農作物のビート(甜菜[てんさい]とも呼ばれ、砂糖の原料となる作物)と、製糖業の歴史を紹介している。所要20分。 自動車:とかち帯広空港から50分。 [るるぶ] 北海道 帯広市 稲田町南8線西14
帯広市野草園(オビヒロシヤソウエン) 北海道で一番目に出来た野草園。十勝地方に自生する草木105科目530余種が自生しています。 [じゃらん] 北海道 帯広市 緑ケ丘2
十勝トテッポ工房(トカチトテッポコウボウ) 十勝の恵みを使ったお菓子が揃う。なかでもチーズ本来の味が生きたナチュラルチーズケーキシリーズはチーズ好き必食の味。3種のフロマージュ(8個入・1箱)1050円他。 自動車:帯広広尾道芽室帯広ICから国道38号経由10km18分。 [るるぶ] 北海道 帯広市 西六条南17丁目31
Copyright(C)2013, IPC Ltd. All rights reserved.