青森市の観光スポット > おすすめ度5[秀]★★★★★ (3件)

青森県営浅虫水族館(アオモリケンエイアサムシスイゾクカン) イルカとアシカの生態展示ショーのほか、各種の水生生物を飼育・展示。ホタテ等の養殖状況も。青森県はもちろん世界中から集めた珍しい海洋動物がいっぱいの、見て、感じて触って、学べる水族館。長さ15mのトンネル水槽、珊瑚礁の水槽や、地元陸奥湾での養殖、絶滅の恐れがある希少淡水生物も展示。 [じゃらん] 青森県 青森市 浅虫馬場山125
青森県観光物産館 アスパム(アオモリケンカンコウブッサンカン アスパム) 地上51mからの360度の展望をお楽しみ下さい。八甲田山系はもとより、天気の良い日には北海道もごらんいただけます。 JR青森駅から徒歩で。 [じゃらん] 青森県 青森市 安方1丁目140
青森県立美術館(アオモリケンリツビジュツカン) 世界的な版画家棟方志功や、若い世代の圧倒的な指示を集める奈良美智、文学・演劇・映画など多方面で活躍した寺山修司、ウルトラマンや怪獣のデザインを手がけた成田亨など県ゆかりの作家を中心に一作家一部屋のゆったりした展示で作品の魅力を引き出します。大空間「アレコホール」を中心に、常設展、企画展、シアター、コミュニティギャラリー、ワークショップ、キッズルームなどを備え、新しい体験ができます。 [じゃらん] 青森県 青森市 安田近野185

青森市の観光スポット > おすすめ度4[優]★★★★ (6件)

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸(セイカンレンラクセンメモリアルシップハッコウダマル) 日本初の鉄道連絡船ミュージアム。船内は、青函連絡船の歴史や船の構造を分かりやすく展示。昭和30年代の青森駅前風景をジオラマで再現した青函ワールド等を公開している。 JR青森駅から徒歩5分。 青森県 青森市 柳川1丁目11215
八甲田(ハッコウダ) 雄大な眺望が楽しめる八甲田ロープウェー。カエデやナナカマドに彩られた山腹から、遠く津軽平野や北海道を望む空の散歩は圧巻。 JR青森駅からJRバス十和田湖行き(冬期1日1便)で1時間、八甲田ロープウェー山麓駅下車すぐ。 青森県 青森市 荒川寒水沢112
八甲田山雪中行軍遭難資料館(ハッコウダサンセッチュウコウグンソウナンシリョウカン) 八甲田山雪中行軍遭難事件を解説する資料館。雪中行軍の行われた当時の時代背景から行軍計画、遭難や捜索の様子を解説パネルや模型、映像などで解説している。 JR青森駅から青森市営バス田茂木沢行きで30分、幸畑墓苑下車すぐ。 [楽天] 青森県 青森市 幸畑阿部野1634
酸ケ湯温泉(スカユオンセン) 八甲田連峰の主峰大岳の西麓に位置する一軒宿。江戸時代から、壮大なスケールの千人風呂を有する湯治場として愛されてきた古湯で、昭和29年(1954)に国民保養温泉第1号に指定された。乳白色の熱めの湯は酸味があり、じわじわと肌になじむ。大自然と効能あらたかな湯を合わせて楽しめる温泉宿として、東北屈指の人気を誇っている。 自動車:東北道黒石ICから国道102・103号経由25km40分。 [るるぶ] 青森県 青森市 荒川南荒川山国有林酸ケ湯沢50
酸ヶ湯キャンプ場(スカユキャンプジョウ) 平成19年度利用に向けて、整備中です。十和田八幡平国立公園の八甲田山麓にあって、登山とスキーと温泉のメッカとして知られる酸ケ湯温泉にある。キャンプサイトは温泉から約300mほど離れた所にあり、テントサイトは芝生と土が半々。車の乗り入れはできないが駐車場が隣接している。バンガローや広い運動場もあり、学生から家族連れまで利用できる。 [じゃらん] 青森県 青森市 荒川南荒川山地内
縄文の丘 三内まほろばパーク 縄文時遊館(ジョウモンノオカサンナイマホロバパークジョウモンジユウカン) 世界的にも貴重な発掘が見られた三内丸山遺跡を、住居なども復元して縄文遺跡公園として整備。縄文時遊館には、出土品展示コーナーや体験コーナーなどもある。 JR青森駅から青森市営バス免許センター行きで30分、三内丸山遺跡前下車すぐ。 [楽天] 青森県 青森市 三内丸山305

青森市の観光スポット > おすすめ度3[良]★★★ (18件)

城ケ倉大橋(ジョウガクラオオハシ) 日本最大級の規模を誇る上路式アーチ橋。橋上から望む城ヶ倉渓谷の眺めは絶景で、岩木山、青森市街地まで望める。橋の両端には駐車場とトイレが設けられている。 JR青森駅からJRバス十和田湖行き(冬期1日1便)で1時間5分、城ヶ倉温泉下車、徒歩20分。 [楽天] 青森県 青森市 荒川南荒川山
昭和大仏(ショウワダイブツ) 森に囲まれた境内を散策。 JR青森駅から青森市営バス昭和大仏行きで50分、終点下車すぐ。 青森県 青森市 桑原山崎45
八甲田ロープウェー(ハッコウダロープウェー) 田茂萢山頂駅へ通じる101人乗りロープウェー。山頂展望台からは津軽半島、下北半島まで遠望できる。山頂の遊歩道・八甲田ゴードラインは気軽にトレッキングが楽しめる。 JR青森駅からJRバス十和田湖行きで1時間20分、八甲田ロープウェー駅前下車すぐ。 [楽天] 青森県 青森市 荒川寒水沢112
青森ベイブリッジ(アオモリベイブリッジ) 青森のウォーターフロントのシンボル。全長は約2km。歩行者用の橋「ラブリッジ」の近辺からベイブリッジに昇るための階段がある。夜は全体がライトアップされる。 JR青森駅から徒歩5分。 [楽天] 青森県 青森市 柳川1丁目安方1
棟方志功記念館(ムナカタシコウキネンカン) 青森市に生まれた世界的板画家・棟方志功の文化勲章受章を記念し昭和50年(1975)に開館。鎌倉の棟方板画館と合併したことにより、収蔵作品数としては国内最多を誇る。板画や油絵・倭画・書など多岐にわたるそれらの作品を、年4回展示替えしながら順次紹介している。板木や彫刻刀・筆などの愛用品のほか写真の展示やビデオ上映なども行っている。代表作の板画『釈迦十大弟子』は常時展示している。 JR青森駅→市営バス中筒井方面行きで15分、バス停:棟方志功記念館通り下車、徒歩4分。 [るるぶ] 青森県 青森市 松原2丁目12
合浦公園(ガッポコウエン) 樹齢400数十年の松や四季の花などが楽しめる歴史ある公園。市街地からも近く、桜林と砂浜がみごとに調和し南に八甲田連峰、北に下北半島を望む風光明媚な海浜公園だ。 JR青森駅→青森市営バス東部営業所行きで20分、バス停:合浦公園下車、徒歩10分。 [るるぶ] 青森県 青森市 合浦2丁目1750
北洋硝子(ホクヨウガラス) 津軽七里長浜の砂からつくる「津軽びいどろ」製作の様子を見学できます。「宙吹き」の技法を自在にあやつる熟練の技が、みるみるうちにガラスへ命を吹き込んでいきます。 [じゃらん] 青森県 青森市 富田4丁目2913
地獄沼(ジゴクヌマ) かつての爆裂火口跡に湧き出る温泉がたまってできた沼。立ちのぼる湯気と硫黄臭からこの名がついた。沼の奥は泉温が90度にもなるので立入禁止。 自動車:東北道黒石ICから国道102・394・103号経由30km40分。 [るるぶ] 青森県 青森市 荒川字南荒川山国有林内
まんじゅうふかし(マンジュウフカシ) 酸ヶ湯名物の湯治小屋で,木箱に腰掛けてお尻を温める,子宝の湯,若返りの湯とも呼ばれ,胃腸・痔疾にもきく。 [じゃらん] 青森県 青森市 荒川南荒川山国有林酸ケ湯沢50
青森自然公園ねぶたの里(アオモリシゼンコウエンネブタノサト) ねぶた囃子の響く館内には10台あまりのねぶたが並ぶねぶた祭の体験施設。ねぶた運行体験ショーではねぶたが引けるほか、はねと体験もできる。 JR青森駅からJRバス公立大学行きで30分、ねぶたの里入り口下車、徒歩15分。 [楽天] 青森県 青森市 横内八重菊1
ねぶたの家 ワ・ラッセ(ネブタノイエ ワ ラッセ) ねぶた祭の歴史や魅力を紹介する施設。祭り本番に出陣したねぶたやパーツを展示している。青森の海の幸を味わえるレストランや特産品を取り扱うショップも併設している。 JR青森駅からすぐ。 [楽天] 青森県 青森市 安方1丁目11
みちのく北方漁船博物館(ミチノクホッポウギョセンハクブツカン) 国の重要有形民俗文化財67隻を中心に200隻の木造船を収蔵する日本最大の漁船の博物館。 [じゃらん] 青森県 青森市 沖館2丁目21
青森県立郷土館(アオモリケンリツキョウドカン) 青森県の自然・歴史・文化に関する資料を展示。まるごと青森県がわかり、旅の予習に最適。大ホールは、国の登録有形文化財(建造物)に登録されている。 JR青森駅から青森市営バス青柳経由東部営業所・県立中央病院行きで5分、本町5丁目下車すぐ。 青森県 青森市 本町2丁目814
青森市森林博物館(アオモリシシンリンハクブツカン) 旧青森営林局庁舎で、県産青森ヒバで造られたルネサンス式木造建築様式の博物館。明治41(1908)年完成。昭和57年改修・開館し、森林・木について学べる。 JR青森駅から徒歩10分。 [楽天] 青森県 青森市 柳川2丁目437
浅虫海づり公園(アサムシウミヅリコウエン) 7月にフィッシング大会がある。 [じゃらん] 青森県 青森市 浅虫蛍谷352
八甲田・十和田ゴールドライン(ハッコウダ トワダゴールドライン) 青森市と十和田湖を結ぶ国道103号の愛称で、爽快なドライブルート。沿道の木々の向こうに山並みを望め、春夏秋冬の自然が造る美しさを体感することができる。 自動車:青森道青森中央ICから国道103号経由20km50分。 [るるぶ] 青森県 青森市 横内八重菊62付近
モヤヒルズ(モヤヒルズ) ゲレンデ・リフト・駐車場・ケビン・オートキャンプ場・ローラリュージュ・センター施設。1年を通じてアウトドアを楽しむことができる場所。 [じゃらん] 青森県 青森市 雲谷梨野木63
A-FACTORY(エーファクトリー) 日本一の生産量を誇る青森県産りんごがシードル、ジュースなどの飲料に加工される様子がガラス越しにのぞめ、購入も可能。また、地元食材を販売する市場や飲食ゾーンも併設している。 JR青森駅からすぐ。 青森県 青森市 柳川1丁目42

青森市の観光スポット > その他 (23件)

モヤヒルズオートキャンプ場(モヤヒルズオートキャンプジョウ) ★★ 青森市街を見下ろす高原にあり、サイトからは美しい夜景や星空を見ることができる。設備の整ったサニタリー施設やおしゃれなケビン、温泉もあるヒルズクラブなど、充実した施設を誇る。 自動車・青森自動車道青森中央ICから国道7号を八ッ役交差点で国道103号へ右折、案内板に従い現地へ。青森中央ICから10km。 [楽天] 青森県 青森市 雲谷梨野木63
青森市観光交流情報センター(アオモリシカンコウコウリュウジョウホウセンター) ★★ 青森市内観光及び交通に関する情報のほか、地域イベントなどの情報も幅広く提供する施設です。現在、市民作品の展示等を通じての市民と観光客の交流や市営バス及びJRバスの案内窓口を設けバス乗車券の販売や路線案内等も行っております。 [じゃらん] 青森県 青森市 新町1丁目125
善知鳥神社(ウトウジンジャ) ★★ 允恭天皇の御世に善知鳥中納言安方がこの地を治め、天照坐皇大御神の御子の三女神を祀ったのが始まりとされる。また、坂上田村麻呂の東北遠征の大同二年(807)に再建された。 自動車:青森道青森中央ICから県道16号経由4km10分。 [るるぶ] 青森県 青森市 安方2丁目718
雪中行軍遭難記念像(セッチュウコウグンソウナンキネンゾウ) ★★ 1902年(明治35)1月に、旧陸軍の青森歩兵第5連隊第2大隊210人が吹雪に遭い八甲田山で遭難。その際、捜索隊の目印になるよう雪のなかに仮死状態で立ち続けた後藤房之助伍長の像だ。周囲にはダケカンバが広がり、大岳を望むことができる。 JR青森駅→車50分。 [るるぶ] 青森県 青森市 横内八重菊地内
萱野高原(カヤノコウゲン) ★★ 正面に八甲田の山々を望む標高540mの高原。青々とした天然の芝生が広がり、開放感に満ちているので、バーベキューやピクニック、ドライブにも格好の場所。高原にある茶屋は冬期休業。 JR青森駅からJRバス十和田湖行きで45分、萱野茶屋下車すぐ。 [楽天] 青森県 青森市 横内八重菊
青森公立大学 国際芸術センター青森(アオモリコウリツダイガク コクサイゲイジュツセンターアオモリ) ★★ 芸術を発信するアーティストと市民との交流を目的に作られた施設。野外彫刻を見ながら森の散策ができ、自然と触れあいながら芸術が楽しめる。 JR青森駅から青森市営バスモヤヒルズ・青森公立大学行きで50分、青森公立大学下車、徒歩3分。 [楽天] 青森県 青森市 合子沢山崎1526
永井久慈良餅店(ナガイクジラモチテン) ★★ 地元名産の津軽米にあんを混ぜてクルミを入れた久慈良餅を販売。 青い森鉄道浅虫温泉駅から徒歩5分。 青森県 青森市 浅虫坂本515
青森県近代文学館(アオモリケンキンダイブンガクカン) ★★ 青森ゆかりの文化人の資料を展示。 JR東北新幹線新青森駅からルートバスねぶたん号左回りで20分、県立図書館前下車すぐ。 青森県 青森市 荒川藤戸1197
県民の森・梵珠山(ケンミンノモリボンジュサン) 梵珠山は青森市の西方15km、津軽山地の南端にある。かつては山岳仏教の地であったが、今は県民の森の指定をうけ、ハイキング・キャンプなど健康的なレクリエーションの場となっている。登山口にあるビジターセンターから頂上までコースが2つあり、どちらも徒歩約50分。途中には子供の森やキャンプ場がある。 [じゃらん] 青森県 青森市 浪岡大字大釈迦沢内沢11
中世の館(チュウセイノヤカタ) 中世・北畠時代の浪岡城跡をはじめ浪岡地区で発掘された遺物を、収蔵・展示している資料館です。多目的ホールもあり、文化・芸術面での利用もされています。館内の資料・展示物は郷土の歴史を物語り、浪岡に流れた時間を感じさせ、新たな青森の姿を見せてくれるかもしれません。 [じゃらん] 青森県 青森市 浪岡大字浪岡岡田43
田代平湿原(タシロタイシツゲン) 広大な湿原に可憐な花々が揺れる。 JR青森駅からタクシーで55分。 青森県 青森市 駒込深沢
八甲田ゴードライン(ハッコウダゴードライン) 八甲田ロープウェーで山麓駅から山頂公園駅まで上がれば、目の前に八甲田ゴードラインが延びている。高原ハイキングには30分や1時間コースがある。 自動車:青森道青森中央ICから国道103号経由19km36分。 [るるぶ] 青森県 青森市 荒川寒水沢112山麓駅
又兵衛の茶屋(マタベエノチャヤ) 青森の民芸品が飾られた店内で、山の幸を使ったきのこ鍋1500円(9月末)など旬の素材を使った料理が楽しめる。多人数時は予約が必要。民宿を併設していて、1泊2食6500円で泊ることができる。 JR青森駅→車1時間。 [るるぶ] 青森県 青森市 駒込南駒込山1244
あおもり観光情報センター(アオモリカンコウジョウホウセンター) 宿泊施設、観光施設、温泉等の紹介。交通アクセス 土産、食に関する案内。その他、イベント情報やお天気案内。 [じゃらん] 青森県 青森市 石江高間1402
青森観光りんご園(アオモリカンコウリンゴエン) 八甲田山麓に広がる自然いっぱいのりんご園。りんごは26種類ある。自分の手でもぎとったりんごの味は格別だ。リーズナブルな料金も好評。 自動車:青森道青森中央ICから青森環状道路、国道103号、県道44号、県道40号経由8km20分。 [るるぶ] 青森県 青森市 田茂木野阿部野42
梵珠山(ボンジュサン) 津軽山地南端県民の森に指定。 [じゃらん] 青森県 青森市 浪岡大字大釈迦沢内沢11
花岡公園(ハナオカコウエン) 遊歩道、サイクリングロード、自由の広場、スキー場等の施設がある。 浪岡駅から徒歩で。 [じゃらん] 青森県 青森市 浪岡大字女鹿沢野尻141
みちのく料理 西むら アスパム店(ミチノクリョウリニシムラ アスパムテン) 青森県観光物産館アスパム10階にある郷土料理店。青森県産の新鮮な魚介類料理が名物で、じゃっぱ汁に小鉢と旬の刺身盛り合わせなどが付くだんな衆コース3150円、陸奥湾でとれた新鮮魚介がのった海鮮三色丼2800円が好評。秋から冬が旬のタラを使い、味噌味で野菜と煮込んだじゃっぱ汁は青森の冬にピッタリだ。小正月の精進料理として作られた「けの汁」や、ウニとアワビのお吸い物のいちご煮など郷土料理も揃っている…。 自動車:青森道青森中央ICから国道7・103・4号経由5km15分。 [るるぶ] 青森県 青森市 安方1丁目140アスパム10F
むらた工芸(ムラタコウゲイ) 青森駅前の新町通りにある民芸品店。津軽塗りや津軽ビードロなどの津軽地方の工芸品を中心に、青森県の土産物が買える。津軽塗りの箸1260円、津軽塗りの汁椀5775円。 JR青森駅→徒歩3分。 [るるぶ] 青森県 青森市 新町1丁目918
甚太古(ジンタコ) JR青森駅や青森県観光物産館アスパムにもほど近いロケーションにある民謡酒場。人間国宝・高橋竹山の弟子だった女将の正調津軽三味線を聴きながら、津軽の雰囲気たっぷりの店内で青森の郷土料理や魚介類が食べられる。メニューは、10種類ほどの食材を2~3日ほど煮込んだやさしい味のけの汁をはじめ、キンキン(キンキ)を使ったじゃっぱ汁などが含まれる5250円と6300円のコースのみ。青森の銘酒「田酒」や…。 自動車:青森道青森中央ICから5km20分。 [るるぶ] 青森県 青森市 安方1丁目616
津軽物産販売所(ツガルブッサンハンバイショ) 津軽の特産品をそろえる販売所。津軽塗箸や茶筒、あけびづる工芸など、扱うのは津軽の工芸品が主流。1Fには陶芸工房が併設。 自動車:青森道青森中央ICから国道7・103・4号、県道16号経由5km12分。 [るるぶ] 青森県 青森市 新町2丁目621
おきな屋 新町店(オキナヤシンマチテン) リンゴ・紅玉の輪切りを砂糖で煮て、乾燥させた「薄紅」が人気。ほか、パイ生地にリンゴをサンドした和風アップルパイの「たわわ」1個165円なども。 自動車:青森道青森中央ICから5km15分。 [るるぶ] 青森県 青森市 新町1丁目82
りんご茶屋(リンゴチャヤ) 津軽三味線と民謡を聴きながら郷土料理が味わえる。津軽三味線の生演奏に合わせて、伸びやかに歌う女将の津軽民謡は見事なもの。メニューはじゃっぱ汁520円、貝焼き味噌730円など。手頃な値段の地酒も豊富にそろっている。 JR青森駅→車2分。 [るるぶ] 青森県 青森市 本町2丁目42
Copyright(C)2013, IPC Ltd. All rights reserved.