十和田市の観光スポット > おすすめ度5[秀]★★★★★ (2件)

奥入瀬渓流(オイラセケイリュウ) 十和田八幡平国立公園の中にあり、十和田湖から流出する唯一の河川で、十和田湖の子ノロから焼山までの約14kmの流れが、奥入瀬渓流とされ、千変万化の渓流美を構成し、四季を通しての景勝地である。渓流には遊歩道が整備されており、渓流沿いにはいくつもの滝が点在する。十和田湖観光には欠かせない散策ポイント。渓流沿いの遊歩道では4時間半くらいのトレッキングが楽しめる。豊かな樹木や大小の滝、巨大な岩や切り立った…。 (1)八戸駅からバスで(2)青森駅からバスで。 [じゃらん] 青森県 十和田市 奥瀬
十和田市現代美術館(トワダシゲンダイビジュツカン) 十和田市現代美術館は、国内外で活躍するアーティストによる建築や空間と一体となった恒久設置のコミッションワーク(依頼製作によるアート作品)を展示しています。展示室に限らず、中庭、屋上、階段室など、敷地のあらゆる空間で、多様なアート作品が展開し、来訪者に「新たな体験」を提供します。 [じゃらん] 青森県 十和田市 西二番町109

十和田市の観光スポット > おすすめ度4[優]★★★★ (3件)

銚子大滝(チョウシオオタキ) 幅20メートル、高さ7メートルの見事な水量を誇るこの滝は奥入瀬の本流にかかる唯一の奥入瀬渓流最大の滝。この滝は奥入瀬を遡上して十和田湖に入ろうとする魚を拒む、魚止めの滝でした。勇壮で見事な水量は今もなお十和田湖の神秘を守る番人の様です。 (1)青森駅からバスで(2)八戸駅からバスで。 [じゃらん] 青森県 十和田市 奥瀬
蔦温泉(ツタオンセン) 湯船の足元から湧く温泉を満喫しよう。 JR青森駅からJRバス十和田湖行きで1時間43分、蔦温泉下車すぐ。 青森県 十和田市 奥瀬蔦野湯1
イトムカの入り江(イトムカノイリエ) イトムカとはアイヌ語で「光り輝く水」という意味、十和田湖の名前の語源もアイヌ語から来ると言われている。イトムカの入り江近くの水中では魚類やエビが観察できる。時にはツキノワグマやカモシカに遭遇することもある。入り江にあるのでグリランドの十和田湖RIB Trip(大人6000円、小人2000円、営業時間8~17時)で行くのが便利。 JR八戸駅→JRバス奥入瀬渓流・十和田湖行きバスで2時間6分、バス停:下宇樽部下車、徒歩1分、グリランドからボートアドベンチャーを利用が便利。 [るるぶ] 青森県 十和田市 奥瀬から南西24km以内

十和田市の観光スポット > おすすめ度3[良]★★★ (15件)

十和田湖遊覧船(トワダコユウランセン) 十和田湖は二重式カルデラ湖で、海抜401m、周囲約46.2km、最も深い所で326.8mの湖。十和田湖めぐりの最大の魅力は何といっても湖上遊覧。湖水の蒼さや220mに及ぶ絶壁千丈幕など、豪快にして繊細な十和田湖の魅力を四季折々約50分楽しめる。 JR八戸駅→JRバスおいらせ号十和田湖行きで2時間20分、バス停:十和田湖(休屋)下車(冬期は要確認)またはJR青森駅→JRバスみずうみ号で2時間45分、バス停:十和田湖(休屋)下車。 [るるぶ] 青森県 十和田市 奥瀬十和田湖畔休屋
十和田神社(トワダジンジャ) 湖に突き出した中山半島の付け根、欝蒼と茂った杉林の中にある。境内のほこらには、十和田湖に住みついていた大蛇を追い払ったという伝説の南祖坊の鉄のわらじが奉納されている。 JR八戸駅→JRバスみずうみ号十和田湖行きで2時間15分、バス停:十和田湖(休屋)下車、徒歩10分(冬期は要確認)。 [るるぶ] 青森県 十和田市 奥瀬十和田湖畔休屋486
石ケ戸(イシケド) 奥入瀬渓流の下流にある巨大な一枚岩とカツラの大木からできた岩屋。女盗賊「鬼神のお松」の言い伝えがある。渓流沿いの石ヶ戸休憩所にはトイレがある。 JR東北新幹線八戸駅からJRバス十和田湖行きで1時間39分、石ヶ戸下車すぐ。 [楽天] 青森県 十和田市 奥瀬惣辺山1
睡蓮沼(スイレンヌマ) 夏は睡蓮、秋は紅葉を鑑賞。 JR青森駅からJRバス十和田湖行きで1時間20分、睡蓮沼下車すぐ。 青森県 十和田市 法量谷地国有林内
瞰湖台(カンコダイ) 宇樽部と休屋の中間に位置する国道103号線の峠にある展望台。標高583mから、右に千丈幕の断崖、左に中山半島の起伏、眼下に中湖を望む。 [じゃらん] 青森県 十和田市 奥瀬宇樽部国有林64林班
奥入瀬湧水館(オイラセユウスイカン) 奥入瀬の原生林が育んだ水「奥入瀬源流水」の製造ラインの見学ができる。また、館内は奥入瀬ゆかりの写真や絵画が展示されており、無料休憩所としても開放している。 JR東北新幹線八戸駅からJRバス十和田湖行きで1時間20分、焼山下車、徒歩5分。 青森県 十和田市 奥瀬栃久保1821
蔦七沼(ツタナナヌマ) 蔦温泉の北に点在する神秘的な沼。少し離れた赤沼以外の6沼を結ぶ自然教育路は1周約1時間。 自動車:東北道黒石ICから国道102・394・103号経由41.6km1時間30分。 [るるぶ] 青森県 十和田市 奥瀬蔦野湯1付近
手づくり村 鯉艸郷(テヅクリムラ リソウキョウ) 食べ物の大切さ、有機農業の素晴らしさを伝える目的で開かれた体験型観光農園。古い民家を移築し、自然力水車や復元された竪穴式住居もある。初夏には一面に咲く花菖蒲が見られる。 第二みちのく有料道路下田百石ICから国道45号を十和田方面へ車で40km。 [楽天] 青森県 十和田市 深持鳥ケ森210
宇樽部キャンプ場(ウタルベキャンプジョウ) キャンプ場は、湖上遊覧船が発着している子ノ口と休屋のほぼ中間、御倉半島の付け根の外湖に面した湖畔にある。広さ3.6ヘクタール約800人収容できるテントサイトは、4か月間だけしか利用できないが、車の乗り入れができるのが大きな魅力である。国立公園というだけあって、キャンプサイトは静かな林の中。恵まれた環境の中でのんびりと湖畔のキャンプを楽しむことができ、できれば1泊というより家族で4…。 [じゃらん] 青森県 十和田市 奥瀬宇樽部国有林
十和田市立新渡戸記念館(トワダシリツニトベキネンカン) 新渡戸記念館では三本木原開拓に尽力した新渡戸傅翁を始めとする先人達の歴史を知ることができます。開拓時の計画図面や測量機器、国際親善に大きく貢献した稲造博士の遺品など7千点余りの資料を展示しています。 [じゃらん] 青森県 十和田市 東三番町241
阿修羅の流れ(アシュラノナガレ) 奥入瀬渓流を代表する眺めがここ。 JR東北新幹線八戸駅からJRバス十和田湖行きで1時間42分、馬門岩下車、徒歩10分。 青森県 十和田市 奥瀬
松見の滝(マツミノタキ) 青森県十和田市にある滝で、滝は上下2段に分かれ、上方は白布、下方はすだれのような外観の滝だ。両岸に自生する松から松見の滝と名が付いた。 JR東北新幹線八戸駅からJRバス十和田湖行きで1時間20分、紫明渓下車、徒歩3時間。 [楽天] 青森県 十和田市 奥瀬
休屋(ヤスミヤ) 観光施設や遊覧船の発着所、土産店、レストラン、ホテルなどが並び、湖畔で最も賑わいを見せる場所。十和田湖のシンボル・乙女の像が立つ御前ヶ浜は記念撮影ポイントだ。 JR東北新幹線八戸駅からJRバス十和田湖行きで2時間15分、十和田湖バスターミナル下車すぐ。 [楽天] 青森県 十和田市 奥瀬十和田湖畔休屋486
十和田市官庁街通(駒街道)の桜(トワダシカンチョウガイドオリコマカイドウノサクラ) 「日本の道100選」に選ばれた1.1kmの道に桜並木が続く。歩道の両側には奥入瀬渓流をイメージした水の流れや馬のオブジェなどを配置。ライトアップされた夜桜も見どころ。 JR東北新幹線七戸十和田駅から十和田観光電鉄十和田市中央行きバスで35分、中央病院下車すぐ。 [楽天] 青森県 十和田市 西十二番町ほか
占場(ウラナイバ) 十和田湖随一のパワースポット。修行僧や占い師が霊力を高めるために訪ねる聖地。震災後、占場へは入山禁止となっており、現在は「船上祈願」ができる遊覧船がある(11時と16時発の一日二便)。 JR東北新幹線八戸駅からJRバス十和田湖行きで2時間15分、十和田湖バスターミナル下車、徒歩15分。 青森県 十和田市 奥瀬十和田湖畔休屋486

十和田市の観光スポット > その他 (15件)

乙女の像(オトメノゾウ) ★★ 十和田湖のシンボル。高村光太郎晩年の作品で、向き合う2人の女性のブロンズ像の顔は、智恵子夫人をイメージしたものという。遊覧船乗り場から遊歩道がつづく。 自動車:東北道十和田ICから国道103号経由30km50分。 [るるぶ] 青森県 十和田市 奥瀬十和田湖畔休屋486
「官庁街通り」(カンチョウガイドオリ) ★★ 十和田市を象徴するロマンティックな道。 JR東北新幹線七戸十和田駅から十和田観光電鉄十和田市中央行きバスで35分、中央病院下車すぐ。 青森県 十和田市 西十二番町61
奥入瀬渓流館(オイラセケイリュウカン) ★ 奥入瀬渓流の案内。 十和田観光電鉄バス「奥入瀬渓流館」下車 JR東北バス「焼山」下車徒歩3分 三沢空港から40km 車で80分 青森空港から45km 車で90分。 [じゃらん] 青森県 十和田市 奥瀬栃久保183
十和田ビジターセンター(トワダビジターセンター) ★ 十和田湖周辺の自然を紹介している。湖の成り立ちや取り巻く樹木の標本や生息している野鳥の模型などを展示。十和田湖についての情報が満載だ。 JR東北新幹線八戸駅からJRバス十和田湖行きで2時間15分、十和田湖バスターミナル下車すぐ。 青森県 十和田市 奥瀬十和田湖畔休屋486
レストランやすみや(レストランヤスミヤ) ★ 休屋の湖畔にある和風レストラン。自慢はきりたんぽ鍋膳1365円~で、あきたこまち100%を使ったきりたんぽと、比内地鶏のスープが決め手。十和田湖でその日に獲れたヒメマスを使うヒメマスの塩焼き1310円、マスの刺身1050円などがおすすめ。イス200席、座敷150席あり。 自動車:東北道小坂ICから樹海ライン経由26km35分。 [るるぶ] 青森県 十和田市 奥瀬十和田湖畔休屋486
十和田湖モーターボート(トワダコモーターボート) 広い十和田湖をすみずみまで合理的に周遊できて大人気のモーターボート1そうを運転手付きでレンタルできる。 JR東北新幹線八戸駅からJRバス十和田湖行きで2時間15分、十和田湖バスターミナル下車、徒歩5分。 [楽天] 青森県 十和田市 奥瀬十和田湖畔休屋486
三乱の流れ(サミダレノナガレ) 3つに分かれた渓流が合流し、白い泡を立てて流れることから三乱と呼ばれている。 JR八戸駅→JRバスおいらせ号十和田湖行きで1時間37分、バス停:石ケ戸下車、徒歩10分。 [るるぶ] 青森県 十和田市 奥瀬
渓流の駅 おいらせ(ケイリュウノエキ オイラセ) 奥入瀬渓流の玄関口にあり、お土産と食事処を備えた、渓流のせせらぎも心地よい緑に囲まれた施設。食事処「青森 こだわり亭」では、青森の食材とおいしさにこだわったメニューを提供。売店では青森のお土産はもちろん、旬のくだものや野菜が並ぶ「とれたて市」渓流散策に便利な身の回り品なども兼ね備えている。また、奥入瀬渓流のことなら何でも聞ける情報発信スペース「奥入瀬 i」など、渓流歩きを十倍楽しめる充実した内容。 自動車:百石道路下田百石ICから1時間。 [るるぶ] 青森県 十和田市 奥瀬栃久保1112
旧笠石家住宅(キュウカサイシケジュウタク) 国の重要文化財指定。 [じゃらん] 青森県 十和田市 奥瀬栃久保80
ノースビレッジ(ノースビレッジ) 十和田湖や奥入瀬渓流、八甲田山を抱く国立公園内に位置し、四季折々の自然体験ができる。奥入瀬渓流やブナの美林を自然ガイドと歩く「ネイチャーランブリング」大自然の十和田湖を回る「カナディアンカヌーツアー」南八甲田山麓の蔦の森や、氷瀑の冬の奥入瀬を遊歩する「スノーランブリング」など、季節によってさまざまな体験コースを用意している。十和田湖カヌーツアー5500円、ネイチャーランブリングツアー4800円。 JR七戸十和田駅→車50分。 [るるぶ] 青森県 十和田市 奥瀬栃久保11253
匠工房 南部裂織の里(タクミコウボウ ナンブサキオリノサト) 古くなった着物を裂いて緯糸に、木綿糸を経糸にして織る南部裂織。その技術を伝える施設が匠工房 南部裂織の里だ。ここでは裂織体験が楽しめる。体験は予約不要だが、5名以上の場合は要予約。1時間1500円。 JR七戸十和田駅→十和田観光電鉄バス 十和田行き、十和田市中央乗換え、南部バス 五戸行き、バス停:道の駅十和田下車。 [るるぶ] 青森県 十和田市 伝法寺平窪3721
十和田湖温泉(トワダコオンセン) ほぼ全面緩斜面のファミリーゲレンデや緩急がおりまざったカモシカコースなど、レベルに合わせて楽しめます。またスキー場のすぐ下には温泉もあります。 [じゃらん] 青森県 十和田市 法量焼山64122
十和田湖マリーナ(トワダコマリーナ) 休屋にありファミリータイプの自転車、マウンテンバイクなどのレンタルを行っている。十和田湖の自然を体感するなら自転車での湖畔めぐりがおすすめ。レンタルボートもある。 JR東北新幹線八戸駅からJRバス十和田湖行きで2時間15分、十和田湖バスターミナル下車、徒歩3分。 青森県 十和田市 奥瀬十和田湖畔休屋486
暮らしのクラフトゆずりは(クラシノクラフトユズリハ) 青森、秋田、岩手を中心とした東北6県の作家による手作り工芸品を販売。東北の厳しい気候風土の中手作りされた伝統的な木工や籠細工、刺し子、ホームスパンマフラー等温かみがある作品が人気。 JR東北新幹線八戸駅からJRバス十和田湖行きで2時間15分、十和田湖バスターミナル下車、徒歩5分。 青森県 十和田市 奥瀬十和田湖畔休屋486
十和田市馬事公苑(トワダシバジコウエン) 馬とふれあう出会いの森。 JR東北新幹線七戸十和田駅からタクシーで25分。 青森県 十和田市 深持梅山11
Copyright(C)2013, IPC Ltd. All rights reserved.