盛岡市の観光スポット > おすすめ度5[秀]★★★★★ (1件)

盛岡手づくり村(モリオカテヅクリムラ) 伝統工芸をテーマにした施設。展示即売室には岩手県の特産品が一堂に揃う。また、南部せんべいや南部鉄器、岩谷堂箪笥などの職人技を見学できる工房ゾーンも必見。 JR盛岡駅から岩手県交通つなぎ温泉行きバスで25分、盛岡手づくり村下車すぐ。 [楽天] 岩手県 盛岡市 繋尾入野64102

盛岡市の観光スポット > おすすめ度4[優]★★★★ (13件)

盛岡市動物公園(モリオカシドウブツコウエン) 岩山の南斜面の地形や植生を生かしてつくられた動物園。広い園内では、約100種700頭の動物たちがのびのびと暮らしている。子供動物園ではヤギなどの小動物にふれることができ、土・日曜、祝日には無料のポニー乗馬体験(5歳~小学生)で子供たちが大喜び。四季の森の散策路や芝生広場もあり、ピクニック気分で楽しめる。 自動車:東北道盛岡南ICから国道4・106号経由40分。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 新庄下八木田6018
石割桜(イシワリザクラ) 盛岡地方裁判所前庭にある、巨大な花崗岩の間に育った樹齢約360年のエドヒガンザクラ。国の天然記念物にも指定されており、市内でいち早く花を咲かせる。例年の見頃は4月中~下旬。 JR盛岡駅前バスターミナル→盛岡都心循環バス「でんでんむし号」右回りで8分、バス停:中央通1丁目下車、徒歩すぐ。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 内丸91
盛岡城跡公園(モリオカジョウアトコウエン) 南部氏の居城跡だが今は内堀・石垣が残るのみの公園となっている。若き日の石川啄木,宮沢賢治の愛したこの公園は,桜の木が多く市民の憩いの場となっている。春にはソメイヨシノ、エドヒガンなど約200本が咲き誇り、さくらまつり期間中は夜間ぼんぼりが点灯、夜桜見物で賑う。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 内丸137
御所湖(ゴショコ) 御所湖は、上流から流れ込む雫石川をせきとめてつくられた、巨大な人造湖です。湖周囲はレジャーやスポーツのメッカ。湖上ではウインドサーフィンやボートセイリングが盛んに行われ、周辺にはプールや釣りなどのスポーツが楽しめる施設もあり、総合レジャースポットとして親しまれています。 JR盛岡駅からバスで。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市
光原社(コウゲンシャ) 木の香漂う明るいクラフトの店。すてきなデザインの小物類が多く,味のクラフトも人気。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 材木町218
特産品プラザ らら・いわて(トクサンヒンプラザ ララ・イワテ) 岩手の特産品が大集合。 JR盛岡駅から岩手県交通盛岡都心循環バスでんでんむし号左回りで10分、教育会館前下車すぐ。 岩手県 盛岡市 菜園1丁目36
北上川(キタカミガワ) 岩手を代表する大河。源流の岩手町御堂から河口の宮城県石巻までは全長249キロで全国4位の長さ。市の中心部を貫いて流れており、盛岡の代表的な景観美をつくっている。 JR盛岡駅から徒歩3分。 [楽天] 岩手県 盛岡市 材木町7付近
盛岡八幡宮(モリオカハチマングウ) 前九年の役の際、源頼義、義家父子が必勝を祈願するため、康平5年(1062)に創建したと伝えられ、その後南部藩主が領内守護の総氏神と仰ぎ、大社殿を造営した。9月14~16日の例祭には、華麗な風流山車が町中を練り歩き、勇壮な南部流鏑馬が奉納される。 JR盛岡駅→岩手県交通バス茶畑行きで10分、バス停:八幡宮前下車、徒歩すぐ。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 八幡町131
高松公園(タカマツコウエン) 日本の桜の名所100選に選ばれている。周囲約2キロメートルほどの高松の池を中心に桜と松林に囲まれた美しい公園。池は盛岡城を造営する際に、治水のために掘られた人造湖で、桜は日露戦争の戦勝記念に植えられた。池の周囲は散歩道も整備されており、岩手山の雄大な姿が借景となり水面に映る千本桜は大変美しい。ボートにのって湖面から花を愛でるのも優雅な楽しみである。また、毎年開催される「盛岡さくらまつり…。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 高松1丁目261
岩手銀行(旧盛岡銀行)旧本店本館(イワテギンコウ(キュウモリオカギンコウ)キュウホンテンホンカン) 中ノ橋のたもとに立つ、ルネッサンス風赤レンガの建物。明治44年(1911)に旧盛岡銀行本店として建てられた国の重要文化財。補修工事のため内部は見られないが、外観は見学可能。 JR盛岡駅バスターミナル→盛岡都心循環バス「でんでんむし」左回りで13分、バス停:盛岡バスセンター(ななっく前)下車、徒歩3分。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 中ノ橋通1丁目220
岩山展望台(イワヤマテンボウダイ) 標高約340mの頂上にあり,盛岡駅から車で15分の所に位置する岩山の展望台は,市街地はもちろん,岩手山や八幡平を含む奥羽山系から北上山系まで一望でき迫力満点。背後には岩手山が望める。盛岡全景を望む夜景スポットとしても人気がある。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 新庄岩山506
盛岡市都南つどいの森(モリオカシトナンツドイノモリ) 赤松やナラが自生する、赤林山山麓の自然をそのまま生かしたアウトドア施設。アカゲラやオオタカなど野鳥の宝庫でもあり、バードウォッチングが楽しめる。4~11月には、オートキャンプ場1区画1800円(13時~午前11時)バス・トイレ付きのバンガロー6人用1棟1万5000円(14時~午前10時)を開設。敷地内には、木工手作りが体験できる森林創作実習館やテニスコートもある。 自動車:東北道盛岡南ICから3km10分。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 湯沢1地割88
フェザンおでんせ土産館(フェザンオデンセミヤゲカン) 岩手の代表的な土産を一堂に集め販売するショッピングモール。地元のバラエティー豊かな銘菓をはじめ、海物産や地酒、ワイン等の食料品を中心に、南部鉄器、久慈琥珀などが揃う。 JR盛岡駅構内。 岩手県 盛岡市 盛岡駅前通144

盛岡市の観光スポット > おすすめ度3[良]★★★ (21件)

ベアレン醸造所(ベアレンジョウゾウショ) 本場ヨーロッパの伝統的な醸造技術を尊重、その製造工程をパネル展示し案内、1900年頃に作られたモルトミル「麦芽粉砕機」をはじめ、100年ほど前から使われていたドイツの小さな醸造所からそのまま移設した仕込み室、現在は使われていない貴重な醸造設備などを説明つきで展示している。売店ではビールの試飲も常時用意しており、全商品の販売を行っている。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 北山1丁目331
もりおか啄木・賢治青春館(モリオカタクボクケンジセイシュンカン) 明治43(1910)年築の洋館「旧第九十銀行」は国の重要文化財。現在は盛岡で青春時代を送った石川啄木と宮沢賢治のテーマ館。企画展やコンサートも開催。喫茶コーナーやショップもある。 JR盛岡駅から岩手県交通盛岡バスセンター行きバスで10分、終点下車、徒歩3分。 岩手県 盛岡市 中ノ橋通1丁目125
啄木新婚の家(タクボクシンコンノイエ) 明治38年5月、処女詩集「あこがれ」を出版した石川啄木は、東京で新婚生活をもつという生活設計を変更して、市内の新山小路(現在の中央通3丁目)に帰り、年来の恋人堀合節子と結婚式を挙げました。しかし、父母と妹が同居する新婚生活は窮迫し、そこでの生活はわずか3週間。同7月に市内の加賀野磧町(現在の加賀野1丁目)に移り住みます。その時の様子は随筆「我が四畳半」に描かれています。かやぶきの屋根など当時と変…。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 中央通3丁目1718
報恩寺(ホウオンジ) 報恩寺(ほうおんじ)は広大な座禅堂と五百羅漢(ごひゃくらかん)で藩政時代から有名です。石川啄木がまだ盛岡中学の学生だったころ、この北山一帯の風光をこよなく愛し、級友とよく散策したといわれます。詩集「あこがれ」の中の「落瓦の賦」は報恩寺をうたったものです。また、宮沢賢治は 盛岡高等農林学校時代に報恩寺で参禅したりしています。五百羅漢は報恩寺の羅漢堂に納められた尊像で、499体が現存しています…。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 名須川町315
岩手県立美術館(イワテケンリツビジュツカン) 岩手県を代表する3人の芸術家、萬鐵五郎、松本竣介、舟越保武の作品を中心に展示する。国内外のすぐれた作品による企画展も開催している。 自動車:東北道盛岡ICから国道46号経由12分。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 本宮松幅123
三ツ石神社(ミツイシジンジャ) 昔、悪行を重ねた鬼が「もう悪いことはしない。もうここへ来ない」と約束の手形を押した石が境内に残る。鬼の退散を喜び、さんさ、さんさと踊ったのが「さんさ踊り」の始まりとも言われている。 JR盛岡駅から岩手県交通盛岡都心循環バスでんでんむし号右回り材木町南口方面行きで11分、本町通一丁目下車、徒歩10分。 岩手県 盛岡市 名須川町21
岩鋳鉄器館(イワチュウテッキカン) 南部鉄器の展示ギャラリーや作業工程を見学出来る。人気の南部風鈴をはじめとした鉄器や土産品の販売もしている。 JR盛岡駅からタクシーで20分。 [楽天] 岩手県 盛岡市 南仙北2丁目239
石川啄木記念館(イシカワタクボクキネンカン) 現在の記念館は昭和61年(1986)啄木の生誕100年を記念して建設。建物は、啄木の理想の家をイメージした白い洋館風。啄木文学の揺籃[ようらん]あこがれの世界・林中の生活・北への漂泊・東京時代の5コーナーで、直筆の書簡やノートなど貴重な資料を展示している。啄木が教鞭をとった渋民尋常小学校校舎と、その当時間借りしていた齊藤家母屋も敷地内にある。数名以上の団体で、ご希望の方を対象に、啄木入門講座…。 JR盛岡駅→岩手県北バス沼宮内営業所行きで36分、バス停:啄木記念館前下車、徒歩すぐ。または、IGRいわて銀河鉄道渋民駅→車5分。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 玉山区渋民渋民9
岩洞湖(ガンドウコ) 本州最寒記録地域(35)の岩洞湖を眺めながら、地元藪川そばのそば打ちを昔ながらの方法で体験できます。また出来上がった「そば」は、その場で召し上がっていただくかお土産にも出来ます。4月~10月、産直コーナーを設置し地場産品(野菜・きのこ等)も安価に入手できます。冬はワカサギ釣り客にも大人気。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 玉山区薮川
盛岡市外山森林公園(モリオカシソトヤマシンリンコウエン) 外山森林公園にはキャンプ場、展望台、木製アスレチック、きのこ園のほか、緑の大自然にふれあえる場所がたくさんある。森林浴をしながら林間歩道を散策したり、植物の観察や野鳥の声を聞くこともできるので、自然を満喫できる。キャンプ場は日帰りでの利用が可能。バーベキューセットを予約すると、準備から後片付けまでスタッフが手伝ってくれるので利用してみよう。雨が降ってもバーベキューや窯焼きピザが楽しめる…。 公共交通機関・JR盛岡駅からJRバス東北早坂高原線龍泉洞前行きで35分、外山ダム森林公園前下車すぐ 自動車・東北自動車道盛岡ICから国道46号・4号を経由し、国道455号を岩泉方面へ車で23km。 [楽天] 岩手県 盛岡市 玉山区薮川大の平311
盛岡市中央公民館(モリオカシチュウオウコウミンカン) 盛岡市中央公民館のある場所は、江戸前期に盛岡城で使用する薬草を栽培していたため「御薬園」と呼ばれていた。そのあと、御薬園は廃止され、御殿・御茶屋・能舞台などが造営され、奇岩・珍木を集めた大規模な庭園が造られた。裏山の愛宕山には京都高雄の楓を植え、山腹には毘沙門・山王・観音堂を祀り、「下小路御屋敷」として代々藩公の別荘、遊歩地となっていた。江戸後期には藩校「明義堂」の講義所を設置し…。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 愛宕町141
寺町通り(テラマチドオリ) 三ツ石神社界隈は、盛岡最古の曹洞宗寺院の東顕寺や啄木の父が小僧をしていたという龍谷寺など多くの寺院が並ぶ。龍谷寺には国の天然記念物モリオカシダレがある。日本の道100選にも選定。 JR盛岡駅から岩手県交通盛岡都心循環バスでんでんむし号右回り材木町南口方面行きで7分、医大前下車すぐ。 [楽天] 岩手県 盛岡市 名須川町
原敬記念館(ハラケイキネンカン) 盛岡出身の政治家、第19代首相原敬の偉業を顕彰する記念館で、原敬が15歳まで暮らした生家の隣にある。原敬は苦学の末に首相にまで上りつめた人で「平民宰相」とも呼ばれた。 JR盛岡駅から岩手県交通盛南ループ200バス下川原先廻り下川原方面行きで20分、原敬記念館前下車、徒歩3分。 [楽天] 岩手県 盛岡市 本宮熊堂43825
開運橋(カイウンバシ) 盛岡駅から駅前通りを進むと、北上川に架かる鉄製の開運橋が見えてくる。駅と市の中心部を結ぶ重要な橋で、岩手山と北上川を望む眺めが美しい。 JR盛岡駅から徒歩3分。 [楽天] 岩手県 盛岡市 開運橋通
十六羅漢(ジュウロクラカン) 江戸時代の盛岡藩の4大飢饉といわれる元禄・宝暦・天明・天保の大凶作によって、領内には多くの餓死者が出た。祇陀寺14世天然和尚は、その悲惨な餓死者を供養するために、十六羅漢・五智如来の合計21体の石仏建立を発願した。そして領内から浄財の喜捨を募って、天保8年(1837)工事に着手した。下絵は藩の御絵師狩野林泉が描き、石材は市内の飯岡山から切り出し、藩の御用職人の石工7人が3年かかって荒刻みを行い…。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 茶畑2丁目1
酒蔵あさ開(サカグラアサビラキ) 明治4年創業。水のきれいな街盛岡ならではのおいしい地酒ができるまでの工程の見学が可能。館内見学ツアーにはガイドがつき案内してくれる。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 大慈寺町1034
マリオス(マリオス) 盛岡の街並み,北上川,雫石川の流れ,岩手山,早池峰山,姫神山などの高峰を一望できる地上20階(92m)からの眺めはまさに絶景です。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 盛岡駅西通2丁目91
プラザおでって(プラザオデッテ) 2階「観光文化情報プラザ」ではイベント情報の提供や観光案内をしていて、気軽に利用できる。6階には盛岡ゆかりの著名人の書簡や資料を展示する「盛岡てがみ館」がある。 JR盛岡駅から岩手県交通盛岡バスセンター行きバスで10分、終点下車、徒歩3分。 岩手県 盛岡市 中ノ橋通1丁目110
紺屋町(コンヤチョウ) 城下町のたたずまいを色濃く残した街並。昔なつかしい望楼のある「番屋」白壁と貼り瓦、格子戸の低い軒が続く商家「ござ九」などが建ち並ぶ。盛岡を代表する南部紫根染の店もある。中津川に面する裏側の土塀、土蔵は川岸の石垣とあいまって、盛岡を代表する景観だ。 JR盛岡駅前バスターミナル→盛岡都心循環バス「でんでんむし号」左回りで10分、バス停:県庁・市役所前下車、徒歩5分。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 紺屋町
岩手県立博物館(イワテケンリツハクブツカン) 県制100年を記念して昭和55年に開館した岩手地方の資料を幅広く展示する総合博物館。岩手の歴史を時代の流れに沿ってテーマ別に展示している総合展示室,動物や地質などの自然や,考古・民俗などを各分野に分けて展示する分類展示室,岩手県ゆかりの画家や彫刻家の作品を展示する近代美術展示室などがある。特に萬鉄五郎の作品や遺品は約1600点に及んでいる。また古い民具を実際に使用してみることのできる体験学習室や…。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 上田松屋敷34
岩洞湖家族旅行村(ガンドウコカゾクリョコウムラ) シラカバやナラに囲まれた北欧風景観の岩洞湖に隣接し広大な自然が宝庫のキャンプ場。テントサイトには常設テントもあり初心者でも利用できます。オートキャンプ場は温水シャワー・水洗トイレ・ランドリーや電源も完備しています。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 玉山区薮川亀橋334

盛岡市の観光スポット > その他 (47件)

岩山パークランド(イワヤマパークランド) ★★ 市街地の東の岩山の中腹にある遊園地で、岩手山や盛岡市街の展望を楽しみながら遊べる。絶叫マシンから小さな子供向きの乗り物までたくさんそろう。 JR盛岡駅から岩手県交通新庄墓園行きバスで30分、岩山パークランド下車すぐ。 [楽天] 岩手県 盛岡市 新庄岩山50
かわとく壱番館(カワトクイチバンカン) ★★ 県内の工芸品と食品が一同に並ぶ。職人技が光る工芸品、食品もバラエティ豊富で、お土産やギフトにも最適。浄法寺塗や秀衡塗、季節の菓子などが人気。 自動車:東北道盛岡ICから5km。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 内丸161
高松の池(タカマツノイケ) ★★ 上田堤が造られたのは、南部26代藩主信直公が三戸より盛岡に移り、盛岡城築城を開始した慶長年間から寛永年間といわれています。当時、上田方面は湿地帯で、池方面からの浸水が町づくりの大きな障害となったため、治水を目的として、上田に三段の堤防が築かれました。この上堤、中堤、下堤のうち、最も大きかった中堤が、現在の高松の池となって残っています。上田堤付近は南部公の鷹狩りの場であり、また、松林の美しさが有名…。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 高松1丁目261
南昌荘(ナンショウソウ) ★★ 盛岡出身の実業家瀬川安五郎が明治18年に邸宅として建て、築庭も数年かけ完成した盛岡市指定の保護庭園である。明治・大正・昭和・平成と、ほぼ118年の間に所有者が次々変わる中で、ときどきの社会変化を反映し今日の姿に継承されている。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 清水町1346
盛岡市子ども科学館(モリオカシコドモカガクカン) ★★ 展示室、実験室、工作室、プラネタリウム。子ども達が見たり触れたりして遊びの中から科学に興味を持ち、探究心を養える施設。テーマ別の展示室や、世界最新鋭の機種による、東北有数の直径18mのプラネタリウムは大人気。科学工作教室や、サイエンスショー、ワークショップも開催されます。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 本宮蛇屋敷131
中津川(ナカツガワ) ★★ 北上川の支流河川です。岩神山、阿部舘山などの沢に源を発し、本川(旧弥清川)が米内川と合流、盛岡市内を貫流して北上川に入る中小暖流河川。盛岡市内中心部を静かに流れ,京の鴨川にもたとえられ、夏には鮎つりができ、秋には鮭がのぼり、冬は白鳥が羽を休めます。市内中心部の河川敷には遊歩道が整備され四季折々の表情を間近で感じることができる、盛岡を代表する景観のひとつです。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 中ノ橋通1丁目1付近
盛岡市遺跡の学び館(モリオカシ イセキノマナビカン) ★★ 歴史遺産の保存と活用の拠点として、埋蔵文化財調査で発掘した出土品の整理や収蔵を行い、分かりやすく展示している。また、文化財に関する書籍や資料も備え、企画展や講座も開催している。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 本宮荒屋131
岩手県公会堂(イワテケンコウカイドウ) ★★ 岩手県公会堂は,皇太子であった昭和天皇の御成婚を記念して建設が計画され,1925年(大正14年)9月の着工から1927年(昭和2年)6月の竣工まで,約2年の工期と総額43万8000円の建設費を投じて建設された。設計は,東京の日比谷公会堂や早稲田大学大隈講堂の設計で知られる佐藤功一博士で,近代コンクリート建築の先駆け。創建当時の公会堂は,県会議事堂,大ホール,西洋料理店,皇族方の宿泊所と…。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 内丸112
上の橋擬宝珠(カミノハシギボシ) ★★ 上の橋は、慶長14年(1609)に第27代藩主南部利直(なんぶとしなお)が、盛岡城築城時に中津川に架けました。擬宝珠(ぎぼうしゅ・ぎぼし)を取り付けたのは、1336年(延元元年)後村上天皇より恩賞として京都鴨川橋の擬宝珠の使用が許された故事によると伝えられています。慶長14年のものが8個、慶長16年のものが10個、合計18個が取り付けられています。この擬宝珠は、1945年(昭和20…。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 新庄中津川上ノ橋
姫神山(ヒメカミサン) ★★ 標高1123.8m。岩手山と向かい合うように静かに佇む優美で穏やかなその姿は、玉山地区のシンボルとなっている。毎年5月第3日曜に山開きのイベントが開催され、登山シーズンが到来する。 いわて銀河鉄道好摩駅→車15分。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 玉山区
盛南温泉 開運の湯(セイナンオンセン カイウンノユ) ★★ 地下1200mから湧く温泉が注ぐ露天風呂をはじめ、炭酸イオン泉・東北初の韓国式サウナ・プル釜など、多彩な温浴が満喫できる盛岡市内の日帰り温泉施設。地産地消レストランも好評だ。 自動車:東北道盛岡ICから盛岡西バイパス、県道16号経由5km10分。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 本宮3丁目8
桜山神社(サクラヤマジンジャ) ★ 盛岡城跡公園内にあり、地元で「桜山さん」と親しまれる神社。風情のある境内周辺には商店や飲食店が立ち並ぶ。裸参りは盛岡の冬の風物詩として有名。 JR盛岡駅から岩手県交通盛岡都心循環バスでんでんむし号左回り菜園川徳方面行きで10分、県庁・市役所前下車すぐ。 [楽天] 岩手県 盛岡市 内丸142
深沢紅子野の花美術館(フカザワコウコノノハナビジュツカン) ★ 盛岡出身の女流画家深沢紅子の作品を集めた美術館。中津川のほとりに立ち、約50点の作品が展示されている。野の花や女性をテーマにした作品がメイン。 JR盛岡駅から岩手県交通盛岡都心循環バスでんでんむし号左回り菜園川徳方面行きで10分、県庁・市役所前下車、徒歩5分。 [楽天] 岩手県 盛岡市 紺屋町48
志波城古代公園(シワジョウコダイコウエン) ★ 古代陸奥国最北端の城柵を再現。 JR盛岡駅から岩手県交通志波城古代公園前行きバスで26分、志波城古代公園前下車すぐ。 岩手県 盛岡市 上鹿妻五兵エ新田481
天然温泉 喜盛の湯(テンネンオンセン キモリノユ) ★ 炭酸泉、壺湯、シルクバスなど様々な湯船、岩温浴が楽しめる。 JR盛岡駅から岩手県交通矢巾営業所行きバスで20分、小鷹橋下車すぐ。 岩手県 盛岡市 南仙北1丁目1850
盛岡市先人記念館(モリオカシセンジンキネンカン) ★ 盛岡ゆかりの人々を讃える。 JR盛岡駅から岩手県交通先人記念館行きバスで20分、終点下車すぐ。 岩手県 盛岡市 本宮蛇屋敷22
いーはとーぶアベニュー材木町(イーハトーブアベニューザイモクチョウ) ★ 材木問屋の町としてはじまった約400年の歴史ある商店街。宮沢賢治ゆかりの光原社がある。音楽と光をモチーフにした賢治の世界を表した6つのモニュメントも見もの。 JR盛岡駅から徒歩10分。 [楽天] 岩手県 盛岡市 材木町742
愛宕山記念公園(アタゴヤマキネンコウエン) 市の中心部の北東、盛岡グランドホテルが立つ愛宕山一帯にある。展望台からは市街が一望でき、特に美しく輝く夜景はカップルに人気。 JR盛岡駅から岩手県交通松園山岸線松園東県営アパート行きバスで15分、中央公民館前下車、徒歩15分。 [楽天] 岩手県 盛岡市 愛宕下11
姫神山一本杉園地キャンプ場(ヒメカミサンイッポンスギエンチキャンプジョウ) 姫神山の登山口にあり、無料だが施設の管理は行き届いている。サイトに傾斜したところがやや多いのが難点。 東北自動車道滝沢ICから国道4号で玉山方面へ。渋民の先、芋田で一般道へ右折し約5km。滝沢ICから15km。 [楽天] 岩手県 盛岡市 玉山区馬場前田147の南東側付近
紺屋町番屋(コンヤチョウバンヤ) 昔ながらの望楼が目を引く番屋。盛岡市の消防第五分団の番屋として使用されていた。大正年間(1912~1926)の木造洋風事務所建築の典型といわれている。 JR盛岡駅から岩手県交通盛岡バスセンター行きバスで8分、総合福祉センター入口下車すぐ。 岩手県 盛岡市 紺屋町433
ござ九(ゴザク) 創業は1816年(文化13)カゴ・ほうき・まな板など、庶民の暮らしを支える日用品を揃える雑貨店として、地元客から長年親しまれている。所狭しと並ぶ道具は実用にすぐれたものばかりで、職人の細やかな手仕事ぶりが伺える。タワシ1個262~420円、竹製のカゴやザルは1200~3000円前後。 JR盛岡駅→岩手県交通バス盛岡バスセンター行きで10分、終点下車、徒歩5分。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 紺屋町131
宝徳寺(ホウトクジ) 父親が住職を勤めていた間、石川啄木が幼少時代を過ごした寺。 IGRいわて銀河鉄道渋民駅から徒歩20分。 岩手県 盛岡市 玉山区渋民渋民21
渋民尋常小学校(シブタミジンジョウショウガッコウ) 石川啄木記念館の敷地内にあり20歳の時約1年間代用教員を務めた啄木の母校。当時使用した教室は2階。 自動車:東北道滝沢ICから国道4号経由10km10分。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 玉山区渋民渋民9
大慈寺(ダイジジ) 寛文13年(1673)の創建。明治17年の大火で焼失したが、平民宰相・原敬の寄進建立で現在に至る。大慈寺の境内には、大正11年東京駅で一青年の凶刃に倒れた原敬が、その遺言により眠っている。また、盛岡ならではの送り盆行事「舟っこ流し」発祥の寺院。大慈寺では「普茶料理」と呼ばれる山草野菜を材料とした素朴な精進料理(中国風の素朴な味は見た目にたいへん美しく、先人から授かった医食同源の知恵を継承…。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 大慈寺町56
アイーナ 盛岡駅に近い県立図書館や県民プラザ、カフェなどが入る複合施設。 JR盛岡駅から徒歩4分。 岩手県 盛岡市 盛岡駅西通1丁目71
盛岡天満宮(モリオカテンマングウ) 盛岡市玉山区で生まれた歌人であり詩人の石川啄木が、よく読書や散策をしたといわれる盛岡天満宮。社前参道の両側に鎮座する啄木がお気に入りだった一対の狛犬が見られる。 JR盛岡駅から岩手県交通水道橋行きバスで15分、天満宮前下車、徒歩5分。 岩手県 盛岡市 新庄町543
もりおか歴史文化館(モリオカレキシブンカカン) 盛岡城跡公園(岩手公園)の一角に建ち、1階では盛岡の祭りや観光情報を、2階では盛岡藩の歴史や南部家の至宝を紹介。喫茶(お休み処)併設。日本100名城スタンプ設置所。1階は入場無料。 JR盛岡駅から徒歩20分。 [楽天] 岩手県 盛岡市 内丸150
啄木望郷の丘(タクボクボウキョウノオカ) 岩山山頂の展望台周辺に広がる、文学ファンや市民に親しまれている公園。昭和57年に石川啄木の没後70年を記念して建てられた啄木の銅像と、啄木・節子夫妻の歌碑がある。また、啄木生誕111年を記念して平成9年に設けられた啄木詩の道は、約100mの散歩道に「ふるさとの山に向かひて言ふことなしふるさとの山はありがたきかな」など、一首ずつ自然石に刻んだ詩碑が10基配されている。 自動車:東北道盛岡南ICから国道4号経由12km20分。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 新庄岩山52
石川啄木歌碑(イシカワタクボクカヒ) 「不来方のお城の草に寝ころびて」岩手公園は啄木が学んだ盛岡中学のすぐ近くに当たり,彼は教室から逃げ出し,ここで文学の夢を結んだ。「病のごと思郷のこころ湧く日なり」盛岡最初の啄木歌碑であり,啄木の代表的歌集「一握の砂」の中の「煙」の巻頭作品である。26年の短い生涯のうち文学に夢をはせ、恋に目覚め、新婚生活を送り、最も華やいだ青春時代を過ごした盛岡にはゆかりの地が多く、啄木の歌碑が多数点在する。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 玉山区渋民鶴塚55
朝島観光りんご園(アサシマカンコウリンゴエン) りんごの木のオーナー制度もある。持ち帰りはもぎとった分のみ(時価、要問合せ)。 JR矢幅駅→車20分。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 大ケ生27地割5411
都南歴史民俗資料館(トナンレキシミンゾクシリョウカン) 旧都南村ゆかりの資料約2000点を展示している。県内の遺跡からの発掘品や信仰関係の資料、民具、農具も豊富に並び、古くからの庶民の生活や縄文時代からの歴史を知ることができる資料館。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 湯沢1地割138
佐々木自転車商会(ササキジテンシャショウカイ) 貸出の際に住所氏名の記入が必要。予約受付可能。 JR盛岡駅から徒歩で。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 盛岡駅前通102
常光寺(ジョウコウジ) 渋民の宝徳寺に引っ越す前、啄木の父一禎は常光寺の住職だった。樹齢300年といわれる杉が立ち、啄木が生まれた部屋の一部が復元されている。啄木と下宿を共にし、援助を惜しまなかった金田一京助[きんだいちきょうすけ]書の掛け軸もある。内部見学は事前の連絡が必要。 自動車:東北道滝沢ICから国道4号経由15分。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 玉山区日戸古屋敷71
渋民公園(シブタミコウエン) 石川啄木の全国第1号歌碑が北上川畔に立つ。"やはらかに柳あをめる北上の岸邊目に見ゆ泣けとごとくに"と刻まれ,高さ3mぐらいの大きな石碑で1922年(大正11)年4月に建てられたもの。吊り橋の鶴飼橋がかかる北上川を見下ろし,背後には女性的な山容の姫神山を,相対して岩手山を望む。公園内の啄木の駅では,地元主婦による手作りケーキや啄木グッズ,産直野菜も販売している。 [じゃらん] 岩手県 盛岡市 玉山区渋民鶴塚55
ホームスパンハウス 盛岡店(ホームスパンハウス モリオカテン) 羊毛を染めて手で紡ぎ、手織りで丁寧に仕上げた生地は、海外の一流ブランドからの支持も高い。柔らかな肌触りと深い色味が特徴。 JR盛岡駅から徒歩10分。 岩手県 盛岡市 材木町313あずばるB-1
蛭子屋小野染彩所(エビスヤオノセンサイショ) 創業寛永5年(1628)南部藩御用染物師の伝統を受け継ぐ店。着尺・帯・和装小物をはじめ、生活に溶け込むテーブルセンターなど、17代目当主のセンスが光る作品が並ぶ。2階には、小さな博物館として南部古代型染の歴史・資料、及び工程を紹介している(見学無料)。 自動車:東北道盛岡ICから4km10分。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 材木町1016
かわとく壱番館キューブ店(カワトクイチバンカンキューブテン) 南部鉄器の鉄瓶1万5750円、ホームスパンの名刺入れ3780円など、盛岡や北東北の伝統工芸品や民芸品が揃う。コンクリート打ちっぱなしのしゃれた店内に、豊富な商品が整然と並ぶ。地階にはインテリアの店もある。 JR盛岡駅→徒歩15分。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 菜園1丁目815
鈴木盛久工房(スズキモリヒサコウボウ) 初代が南部藩御用鋳物師として招かれて以来、15代にわたり南部鉄器の伝統を受け継ぐ工房。新感覚を取り入れ、現代の生活に合う品を創り出している。鉄瓶3万6500円。茶托1枚1680円。 自動車:東北道盛岡南ICから国道4号経由15分。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 南大通1丁目67
農業教育資料館(ノウギョウキョウイクシリョウカン) 日本初の高等農林学校。 JR盛岡駅から岩手県交通駅上田線松園バスターミナル行きバスで15分、岩手大学前下車すぐ。 岩手県 盛岡市 上田3丁目188
日本料理 梓(ニホンリョウリアズサ) 会席料理店だが、岩手の郷土料理南部はっと鍋も食べられる。「はっと」とは手打ちうどんのような麺のことで、新鮮な魚介や野菜を南部鉄器の鍋で煮込んだ料理。一人前3675円、季節の会席料理は3600円。料理に時間がかかるので予約が望ましい。個室は予約のみ。 JR盛岡駅→徒歩15分。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 大通2丁目66プラザ京藤2・3F
釜定(カマサダ) 明治後期創業の南部鉄瓶の店。伝統的な鉄瓶2万4150円~のほか、ペンダント892円やキーホルダー735円~などの小物もある。 JR盛岡駅前バスターミナル→盛岡都心循環バス「でんでんむし号」で13分、バス停:盛岡バスセンター、徒歩6分。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 紺屋町25
草紫堂(ソウシドウ) お土産に最適な紫根染や茜染の製品を扱う。値段も手頃。 JR盛岡駅から岩手県交通盛岡都心循環バスでんでんむし号左回り菜園川徳方面行きで10分、県庁・市役所前下車、徒歩6分。 岩手県 盛岡市 紺屋町215
うるみ工芸(ウルミコウゲイ) 丈夫で美しい漆器、浄法寺塗の製造元。 JR盛岡駅から岩手県交通盛岡都心循環バスでんでんむし号右回り材木町南口方面行きで7分、中央通二丁目下車すぐ。 岩手県 盛岡市 中央通2丁目923
黄精飴本舗 長沢屋(オウセイアメホンポ ナガサワヤ) 嘉永6年(1853)創業。看板菓子の黄精飴は、アマドコロ、餅粉、砂糖、水飴を練り合わせて作られた求肥状の餅菓子。軟らかな食感とほのかな甘さが美味。 自動車:東北道盛岡ICから5km。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 神明町29
関口屋菓子舗(セキグチヤカシホ) 明治26年(1893)創業の老舗。自然の材料で手作りされる伝統の盛岡駄菓子を販売。青豆の風味豊かな豆銀糖、香ばしさ漂うごまねじり各420円など、やさしい味わい。 自動車:東北道盛岡ICから5km。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 神明町23
Holz(ホルツ) 東京・目黒のインテリアショップに勤めていたオーナーが帰郷し、地元岩手でスタートしたショップ。家具をはじめ全国のクラフトマンによる良質な作品が並ぶ。南部鉄器の作家や木工職人とコラボしたペーパーウェイトや小物入れなど、オリジナル商品も多い。 JR盛岡駅→徒歩15分。 [るるぶ] 岩手県 盛岡市 菜園1丁目310
本家南部どぶろく家(ホンケナンブドブロクヤ) 自家製素材を活かした郷土料理店。 JR盛岡駅から徒歩10分。 岩手県 盛岡市 大通2丁目621
Copyright(C)2013, IPC Ltd. All rights reserved.