遠野市の観光スポット > おすすめ度4[優]★★★★ (4件)

めがね橋(メガネバシ) 正式名称は「宮守川橋梁」宮沢賢治の名作「銀河鉄道の夜」のモチーフにもなったと言われ、ライトアップされた姿は見る人を幻想的な世界へと誘う。 (1)宮守駅から徒歩で(2)東和ICから車で。 [じゃらん] 岩手県 遠野市 宮守町下宮守
伝承園(デンショウエン) 遠野の民俗資料の保護、むかしから伝わる技術や行事の伝承のための施設。園内には佐々木喜善記念館、1,000体のオシラサマを祭る土蔵造の「御蚕神堂」民芸・木工品の製作実演ができる工芸館などがある。また、一角に移築されている旧菊池家住宅は、遠野最古の曲り家で重要文化財に指定されている。江戸中期の建築といわれ、曲り家の発生過程を知る貴重な遺構である。 遠野駅からバスで。 [じゃらん] 岩手県 遠野市 土淵町土淵6地割51
遠野ふるさと村(トオノフルサトムラ) 炭焼小屋、水車小屋、6軒の曲り家が立ち、山里の農村を再現している。竹とんぼ作り600円、草木染め1200円などが体験できる(要予約)登録有形文化財となっている。土産店やレストランも併設。所要1時間。 JR遠野駅→早池峰バス大出・坂の下方面行きで27分、バス停:ふるさと村下車、徒歩すぐ。 [るるぶ] 岩手県 遠野市 附馬牛町上附馬牛5地割891
南部曲り家(千葉家)(ナンブマガリヤ(チバケ)) 石垣の上に城のような迫力で建つ、170年ほど前の南部曲り家。映画のロケに使われた内部を一部公開し、昔の農具なども展示している。国指定重要文化財。 JR釜石線遠野駅からタクシーで15分。 [楽天] 岩手県 遠野市 綾織町上綾織1地割14

遠野市の観光スポット > おすすめ度3[良]★★★ (7件)

五百羅漢(ゴヒャクラカン) 江戸時代に遠野を襲った大飢饉の犠牲者を供養するため、大小500の自然石(花崗岩)に彫られた五百羅漢。風雪に晒され原型は損なわれているものも多いが、当時の悲痛な思いを感じさせられる。 JR釜石線遠野駅から早池峰バスバスセンター行きで6分、遠野営業所下車、徒歩20分。 岩手県 遠野市 綾織町新里
遠野市立博物館(トオノシリツハクブツカン) 民俗学の古典『遠野物語』を著した柳田國男の偉業をたたえ、学問の発展継承を図るための展示や研究を行う。マルチスクリーンでは「水木しげるの遠野物語」のオリジナルアニメーションを上映。 JR釜石線遠野駅から徒歩7分。 [楽天] 岩手県 遠野市 東舘町39
カッパ淵(カッパブチ) 『遠野物語』の中で記されているカッパの出る川。川辺にはお乳の神様を祀った小さな祠があり、周辺はちょっとした散策路になっている。 JR釜石線遠野駅から早池峰バス土淵線で25分、伝承園前下車、徒歩6分。 [楽天] 岩手県 遠野市 土淵町土淵
デンデラ野(デンデラノ) 『遠野物語』の語り部佐々木喜善の生家裏にある小高い丘。昔、60歳を超えた老人はここに遺棄され、その後集団で回向されたといわれている。デンデラは「蓮台」のことだ。 JR釜石線遠野駅から早池峰バス土淵線恩徳・西内方面行きで34分、山口下車、徒歩15分。 [楽天] 岩手県 遠野市 土淵町山口
まん十や(マンジュウヤ) 1910年(明治43)創業。戦後になって、醪[さか]まんじゅうを専門につくるようになった。昔ながらの製法で丁寧につくられる、醪まんじゅう1個95円。揚げまんじゅう1個105円。 自動車:東北道北上江釣子ICから国道107号経由50km1時間30分。 [るるぶ] 岩手県 遠野市 中央通り511
とおの物語の館(トオノモノガタリノヤカタ) 柳田國男と佐々木喜善の出会いによって著された『遠野物語』この傑作の生まれた背景と、遠野に古くから伝わる昔話や民俗伝承を紹介。敷地内には食事処「伊藤家」物産館「赤羽根蔵」もあり。 JR釜石線遠野駅から徒歩5分。 [楽天] 岩手県 遠野市 中央通り211
山口の水車(ヤマグチノスイシャ) 山麓の田園地帯にポツンと立つ茅葺きに芝草屋根の水車小屋は、日本のふるさとの原風景。水車の近くには「遠野物語」の語り部佐々木喜善の生家もある。 JR釜石線遠野駅から早池峰バス土淵線恩徳・西内方面行きで34分、山口下車、徒歩15分。 [楽天] 岩手県 遠野市 土淵町山口

遠野市の観光スポット > その他 (19件)

遠野郷八幡宮(トオノゴウハチマングウ) ★★ 遠野郷の総鎮守。9月14日,15日の例大祭では郷土芸能が集う。 [じゃらん] 岩手県 遠野市 松崎町白岩23地割19
鍋倉公園(ナベクラコウエン) ★★ サクラ、ツツジが美しい。 [じゃらん] 岩手県 遠野市 遠野町
高清水高原(タカシミズコウゲン) ★★ レンゲツツジの群落がある。 [じゃらん] 岩手県 遠野市 松崎町光興寺
佐々木喜善の生家(ササキキゼンノセイカ) ★★ 「遠野物語」の話者,佐々木喜善の生家。曲がり家造りのこの家には、いまも縁者の人が住んでいる。又,彼の墓は生家に近い「山口のダンノハナ」と呼ばれる丘の共同墓地にある。一般公開はしていませんが、昔ながらの雰囲気漂う建物です。 [じゃらん] 岩手県 遠野市 土淵町山口
常堅寺(ジョウケンジ) ★ 常堅寺の境内にある頭の上に皿を載せたユニークな狛犬。火災の際に、この寺に避難してきたカッパがお礼のために狛犬になったという伝説に基づいている。 JR釜石線遠野駅から早池峰バス土淵線恩徳・西内方面行きで25分、伝承園前下車、徒歩5分。 [楽天] 岩手県 遠野市 土淵町土淵7地割50
稲荷穴(イナリアナ) ★ 自然の鍾乳洞がそのまま残された稲荷穴。奥行き1km。洞窟内から流れ出す清らかな湧水は、「岩手の名水20選」にも選ばれ、わさびの栽培にも利用されている。近くにはキャンプ場もある。 JR釜石線宮守駅からタクシーで25分。 [楽天] 岩手県 遠野市 宮守町達曽部
遠野城下町資料館(トオノジョウカマチシリョウカン) ★ 江戸時代に遠野南部氏の城下町であった遠野市は、沿岸と内陸を結ぶ交易の拠点であった。当時の武家・商人などの生活、たくさんの物資や人々が行き交った遠野の様子を紹介する。 JR釜石線遠野駅から徒歩5分。 [楽天] 岩手県 遠野市 中央通り46
早池峰古参道跡(ハヤチネコサンドウアト) 早池峰山は、平安時代から中・近世にかけて隆盛を誇った修験場。国道340号沿いにある登山口には、鳥居が朽ちかけながらも残り、当時をしのばせている。 JR釜石線遠野駅から早池峰バス土淵線恩徳・西内方面行きで25分、伝承園前下車すぐ。 [楽天] 岩手県 遠野市 土淵町土淵
さすらい地蔵(サスライジゾウ) 白幡[しらはた]神社の境内にある女地蔵。しばしば台座からいなくなったため、さすらい地蔵といわれるようになったという。 JR遠野駅→徒歩20分。 [るるぶ] 岩手県 遠野市 松崎町白岩16地割
続石(ツヅキイシ) 『遠野物語』の第11話に出てくる、幅7m、奥行5mの石に厚さ2mの巨岩が乗っている巨石遺構。古代人の墓とも、武蔵坊弁慶が持ち上げて作ったともいわれている。近くの羽黒神社にも巨石・羽黒岩がある。 自動車:釜石道宮守ICから国道283・396号経由13km15分。 [るるぶ] 岩手県 遠野市 綾織町上綾織
福泉寺(フクセンジ) 1912年(大正元)に開かれた真言宗の寺。木彫り観音としては日本一の大きさといわれる福徳観音像と、五重塔などがある。春は桜、夏はツツジ、秋には紅葉が美しい。 JR遠野駅→早池峰バス大出・坂の下方面行きで20分、バス停:福泉寺下車、徒歩すぐ。 [るるぶ] 岩手県 遠野市 松崎町駒木7地割57
寺沢高原(テラサワコウゲン) 昼間は展望台からの360゜の大パノラマ,夜間にはバンガローへ宿泊しながらのスターウォッチングが楽しめる。 [じゃらん] 岩手県 遠野市 宮守町上宮守
山崎のコンセイサマ(ヤマザキノコンセイサマ) 五穀豊穣や子授けの神として信仰されるコンセイサマを祀る。 JR釜石線遠野駅から早池峰バス土淵線恩徳・西内方面行きで38分、山崎下車、徒歩25分。 岩手県 遠野市 土淵町栃内山崎
遠野郷土人形民芸村佐々孝工房(トオノキョウドニンギョウミンゲイムラササコウコウボウ) 伝統工芸品の附馬牛人形を製作、販売する。附馬牛人形は土と和紙を練り合わせ、型に入れて自然乾燥させたものに着色して仕上げる。また、江戸期の人形なども多数展示している。 JR釜石線遠野駅から早池峰バス青笹線大草里行きで15分、糠の前下車すぐ。 [楽天] 岩手県 遠野市 青笹町糠前42地割86
たかむろ水光園(タカムロスイコウエン) 遠野市の約600分の1の形を模した遠野池を中心に南部曲り家、水車小屋、商家の土蔵などの建築物が立つ。宿泊施設や温泉浴場もある。 釜石自動車道宮守ICから国道283号を釜石方面へ車で35km。 [楽天] 岩手県 遠野市 土淵町柏崎7地割1752
卯子酉様(ウネドリサマ) 小さな祠の前にある木に、境内で販売している赤い布を左手で結ぶことができれば縁が結ばれるという伝説がある社。『遠野物語』にも登場する古くから信仰と民話が息づく神社だ。 JR釜石線遠野駅から早池峰バスバスセンター行きで6分、遠野営業所下車すぐ。 [楽天] 岩手県 遠野市 下組町
遠野まちなか・ドキ・土器館(トオノマチナカ ドキ ドキカン) 遠野市内で出土した土器や石器などの考古資料、遠野中心部の昔の写真等を展示。休憩所としても開放しており気軽に立ち寄れる。 JR釜石線遠野駅から徒歩10分。 岩手県 遠野市 新町53
薬師岳(ヤクシダケ) 早池峰山南方にそびえ山頂はハイマツとシャクナゲが群生する。 [じゃらん] 岩手県 遠野市 附馬牛町上附馬牛の北側付近
早池峯神社(ハヤチネジンジャ) 早池峰山の麓にある神社。806年(大同元)土地の猟師が早池峰山頂で神意を受けて一宇を建立したのが始まりといわれる。現在の本殿は1691(元禄4)年に建立され、中には絵馬などが納められている。境内には拝殿、神門などが立つ。7月18日の例祭日には、近くを流れる猿ケ石川で神輿洗いを行う。 JR遠野駅→早池峰バス附馬牛線大出行で48分、バス停:大出下車、徒歩すぐ。 [るるぶ] 岩手県 遠野市 附馬牛町上附馬牛19地割82
Copyright(C)2013, IPC Ltd. All rights reserved.