いわき市の観光スポット > おすすめ度5[秀]★★★★★ (2件)

環境水族館アクアマリンふくしま(カンキョウスイゾクカンアクアマリンフクシマ) 太平洋の「潮目」をテーマにした水族館。 JR常磐線泉駅から新常磐交通小名浜行きバスで15分、支所入口下車、徒歩10分。 福島県 いわき市 小名浜辰巳町50
スパリゾートハワイアンズ(スパリゾートハワイアンズ) いわき湯本温泉の湯をふんだんに使った5つのテーマパークから成る。南の島でのリゾートをイメージして造られた。ホテルもあり、温泉、ショー、ショッピング、グルメが楽しめる。 JR常磐線湯本駅から新常磐交通ハワイアンズ行きバスで15分、終点下車すぐ。 [楽天] 福島県 いわき市 常磐藤原町蕨平50

いわき市の観光スポット > おすすめ度4[優]★★★★ (3件)

いわき・ら・ら・ミュウ(イワキ・ラ・ラ・ミュウ) 新鮮な海の幸の販売。レストラン・売店(お土産)遊覧船ターミナル・研修室・観光案内。平成23年11月25日リニューアルオープンに伴い屋内型子供遊び場みゅう・みゅうがオープン。 [じゃらん] 福島県 いわき市 小名浜辰巳町431
いわき市石炭・化石館(イワキシセキタン カセキカン) 常磐炭鉱の歴史資料展示と市内で産出された化石等の展示 平成24年12月19日ウッドピアいわきに屋内型子供遊び場いわきっずもりもりがオープン。 [じゃらん] 福島県 いわき市 常磐湯本町向田31
白水阿弥陀堂(シラミズアミダドウ) 阿弥陀堂は、福島県唯一の国宝建造物で、藤原基衡の娘・徳姫(岩城則道の妻)が郷里の平泉にある金色堂にならって建立したと伝えられる。両親の影響を受け、平泉の毛越寺と観自在王院の園池に習った浄土庭園は、平安時代の面影を残して貴重である。池中の石組、玉石敷きの洲浜、中島に架けられた橋の朱塗り欄干など、当時の貴族の生活を彷彿とさせる。 [じゃらん] 福島県 いわき市 内郷白水町広畑219

いわき市の観光スポット > おすすめ度3[良]★★★ (14件)

いわきマリンタワー(イワキマリンタワー) 海抜106mの展望室は総ガラス張りでいわきが一望でき、屋上の「スカイデッキ」からは360度の大パノラマが広がる。潮風をうけながら非常にエキサイティングな体験ができる。 JR常磐線泉駅から新常磐交通江名行きバスで20分、神白下車、徒歩15分。 [楽天] 福島県 いわき市 小名浜下神白大作111
三崎公園(ミサキコウエン) 芝生を敷きつめた広場,自然遊歩道,芝そり道等施設も充実した公園,園内には「いわきマリンタワー-野外音楽堂-潮見台-サンスポーツランド」などある。 [じゃらん] 福島県 いわき市 小名浜下神白大作93
いわき市アンモナイトセンター(イワキシアンモナイトセンター) アンモナイトなどの化石が産出する中世代白亜紀の地層部分を建物で覆った日本初の観察施設。アンモナイトやサメの歯の化石を発掘された状態で展示している。 JR常磐線久ノ浜駅からタクシーで15分。 [楽天] 福島県 いわき市 大久町大久鶴房1472
潮見台(シオミダイ) 小名浜港の東・ピクニックガーデンやレストハウスでのんびり出来る三崎公園内にある。海上に13m突き出した展望台で、約50m下まで断崖絶壁だ。ここから見る荒海はスリル満点。 JR常磐線泉駅から新常磐交通江名行きバスで20分、神白下車、徒歩20分。 福島県 いわき市 小名浜下神白大作
勿来海水浴場(ナコソカイスイヨクジョウ) 県内随一の広さをもつ海岸。 [じゃらん] 福島県 いわき市 勿来町関田須賀及び関山・勿来町九面浜田及び坂下
夏井川渓谷(ナツイガワケイコク) 磐越東線沿いの川前駅と小川郷駅の間に、全長15kmも続く渓谷。清流が岩に砕け、滝や淵、さまざまな奇岩が見られ、中でも籠場[かごば]の滝がみどころ。渓谷の一部は、磐越東線の車窓からも見られる。 JR江田駅→徒歩30分で籠場の滝。 [るるぶ] 福島県 いわき市 平下神谷川前
いわき市遠野オートキャンプ場(イワキシトオノオートキャンプジョウ) 山里生活に育まれた自然と歴史文化の町「いわき市遠野町」町の中核施設である「いわき市遠野オートキャンプ場」は、キャンプサイト、オートキャンプサイトのほか、ログケビン、グループケビン、遊歩道などを備えるキャンプ場です。訪れる人々が豊かに息づく町の文化を体験して頂けるよう、様々な体験メニューを実施しています。 [じゃらん] 福島県 いわき市 遠野町入遠野越台971
四倉海水浴場(ヨツクラカイスイヨクジョウ) 平成24年度の開設は見送り 広い砂浜が続く開放感ある海岸。 [じゃらん] 福島県 いわき市 四倉町東四丁目
さはこの湯(サハコノユ) 江戸末期の建築様式を再現した、純和風の外観が目をひく温泉施設。湯本温泉の古称、三函(さはこ)の湯にちなんで名付けられた。浴場は岩風呂と檜風呂があり、男女1日交替制になっている。湯は無色透明な硫黄泉。 自動車:常磐道いわき湯本ICから県道14号経由4km10分。 [るるぶ] 福島県 いわき市 常磐湯本町三函1761
二ツ箭山(フタツヤサン) 山の形が両峯高くそびえたち,あたかも二ツの箭をたてたようなことから名付けられた。 [じゃらん] 福島県 いわき市 小川町上小川根本の北東側付近
仏具山(ブツグヤマ) 標高は671m。頂上へは車で登ることが出来ますが、歩いては1時間半程度。山頂からは海を一望できる。 JR常磐線 勿来駅 からバス。 福島県 いわき市 田人町南大平付近
鬼ケ城山(オニガジョウヤマ) 標高887m いわきで2番目に高い山。 JR磐越東線 川前駅 から車30分、常磐自動車道 いわき中央IC から1時間。 福島県 いわき市 平下神谷川前
薬王寺(ヤクオウジ) 堂宇54坊を構える名刹であったが戊辰戦争で焼失した。国指定の重要文化財など宝物が多く境内の板碑群も著名である。 [じゃらん] 福島県 いわき市 四倉町薬王寺塙73
かねまん(カネマン) 材料にも新鮮なものを使って無添加で調理されるかまぼこ。製造工程を見学しながらできたてを試食できるのもうれしい。1枚200円~1,500円、箱づめ700円~10,000円。 [じゃらん] 福島県 いわき市 平下高久下原83

いわき市の観光スポット > その他 (20件)

勿来関跡(ナコソノセキアト) ★★ 奥州三古関の一つ。白河関・念珠ヶ関とともにいわき七浜を見下す松林に碑が立つ。付近一帯は勿来県立自然公園に指定されている。この関は、東北地方に先住民族の勢力が盛んだった五世紀ごろ、その南下を防ぐために設けられた。 [じゃらん] 福島県 いわき市 勿来町関田長沢61
いわきの里・鬼ケ城(イワキノサト・オニガジョウ) ★★ 里山の雰囲気の中キャンプが楽しめる。 磐越自動車道小野ICから県道19号、県道145号でいわき市方面へ。途中、県道359号に右折し、看板に従い現地へ。小野ICから14km。 福島県 いわき市 川前町上桶売小久田733
いわき市勿来関文学歴史館(イワキシナコソノセキブンガクレキシカン) ★★ 勿来県立自然公園内の勿来関跡や勿来を詠んだ源義家など多くの歌人に係る資料が展示されている。駕籠乗りや影絵などの体験メニューもある。 [じゃらん] 福島県 いわき市 勿来町関田長沢61
いわき市暮らしの伝承郷(イワキシクラシノデンショウゴウ) ★★ いわきの暮らしを体感できる。 JR常磐線いわき駅から新常磐交通いわきニュータウン行きバスで25分、中央台鹿島下車、徒歩3分。 福島県 いわき市 鹿島町下矢田散野14付近
いわき市立草野心平記念文学館(イワキシリツクサノシンペイキネンブンガクカン) ★★ 詩人・草野心平の故郷にある文学館。心平の作品世界を体感できる常設展示室のほか、企画展を開催する。文学プラザでは、来館者が詩を作り、再来館時に自分の作品を閲覧できる。 JR磐越東線小川郷駅からタクシーで5分。 [楽天] 福島県 いわき市 小川町高萩字下夕道1-39
中釜戸のシダレモミジ(ナカカマドノシダレモミジ) ★ 著しくねじれ,しだれた奇態樹で,紅葉すると絵日傘をさしかけたように美しい。 [じゃらん] 福島県 いわき市 渡辺町中釜戸表前1172
小名浜美食ホテル(オナハマビショクホテル) ★ 飲食店とみやげ物店が入ったホテル。 JR常磐線泉駅からタクシーで15分。 福島県 いわき市 小名浜辰巳町439
松ケ岡公園(マツガオカコウエン) ★ 平成24年度中有料遊具施設の撤去決定 市内で一番古い都市公園、4月には桜まつりが催され、夜桜見物で賑う。 [じゃらん] 福島県 いわき市 平薬王寺台3
いわき市立美術館(イワキシリツビジュツカン) ★ 市立美術館としては日本有数の規模。戦後の国内外の現代美術のほか、いわき出身、ゆかりの作家の作品やいわきを題材にした作品で約1800点を収蔵。1階の常設展示室の奥には音響効果の良いギャラリースペースを持つ。官庁街で誰でも気軽に立ち寄れる美術館。 (1)いわき駅から徒歩で(2)いわき中央ICから車で。 [じゃらん] 福島県 いわき市 平堂根町44
勿来の関公園(ナコソノセキコウエン) ★ 平安時代の歌人の住まいと庭園を再現。野点や歌会、伝統芸能の発表なども行われる。親子で楽しみながら歴史を学べる施設。 JR常磐線勿来駅からタクシーで5分。 [楽天] 福島県 いわき市 勿来町関田長沢地内
いわきデイクルーズ(イワキデイクルーズ) ★ いわき・ら・ら・ミュウの目の前から出発する観光遊覧船に乗って、たっぷり50分の湾内クルーズへ出かけよう。予約不要で毎日10~16時に1時間ごとに出航している。かもめの餌付け体験が好評。隣接の埠頭に水族館もあり、観光拠点となっている。 JR泉駅→新常磐交通路線バスで、バス停:支所入口下車、徒歩10分。 [るるぶ] 福島県 いわき市 小名浜辰巳町431
閼伽井嶽薬師(常福寺)(アカイダケヤクシ(ジョウフクジ)) 大同元年徳一大師の開基。本尊薬師如来は,源海阿闍梨が唐国よりもたらす。 [じゃらん] 福島県 いわき市 平赤井赤井嶽1
いわき市フラワーセンター(イワキシフラワーセンター) いわき市北部の石森山のふもとにあり、園内には季節の花で彩られる大花壇やバラ園、アジサイ園、展示温室などがある。レストハウスや子供の広場などもあり、家族連れで楽しむことができる。 JR常磐線いわき駅からタクシーで20分。 [楽天] 福島県 いわき市 平四ツ波石森116
いわき市考古資料館(イワキシコウコシリョウカン) いわき市内で出土した縄文時代から江戸時代までの土器、暮らしのなかで使用した道具類、貝塚のはぎ取り断面などを展示する。夏休み等にはまが玉や埴輪を作る体験学習も実施。 JR常磐線湯本駅から新常磐交通遠野方面行きバスで10分、FDK前下車、徒歩5分。 [楽天] 福島県 いわき市 常磐藤原町手這501
平城跡(タイラジョウアト) いわきに残る貴重な戊辰の跡。 JR常磐線いわき駅から徒歩10分。 福島県 いわき市 平旧城跡地内
いわき新舞子ハイツ(イワキシンマイコハイツ) 樹齢200~300年の老松が生える日本百景のひとつ,いわき新舞子に面した高台にある。太平洋を眼前に見渡し,水平線からの日の出も見ることができる。 [じゃらん] 福島県 いわき市 平下高久南谷地164
湯本駅前みゆきの湯(ユモトエキマエミユキノユ) 大正ロマンの面影が漂う湯本駅周辺に調和する外観。磐崎財産区の桧材を使った浴室には、高温と常温の2種類の浴槽を備えている。介護浴室もあり(要予約)。 JR常磐線湯本駅からすぐ。 福島県 いわき市 常磐湯本町天王崎18
いわき市健康・福祉プラザ いわきゆったり館(イワキシケンコウ フクシプラザ イワキユッタリカン) かぶり湯やうたせ湯、25mプールなど、種類豊富な入浴が可能な水着ゾーンのクアハウスに、男女別の露天風呂などを備えるいわき市の温泉施設。泉温59.5℃の硫黄泉は、慢性皮ふ炎や慢性婦人病、切り傷などに効能があるとされている。また、レストランやトレーニングルームもあり、宿泊もできる。 自動車:常磐道いわき湯本ICから県道14号、国道6号経由10km20分。 [るるぶ] 福島県 いわき市 常磐湯本町上浅貝221
鶴のあし湯(ツルノアシユ) 道路沿いにあり、無料で利用可能の足湯。熱めとぬるめに分かれている2つの足湯のほか、手湯も完備されている。 JR湯本駅→徒歩5分。 [るるぶ] 福島県 いわき市 常磐湯本町三函2811
勿来温泉 関の湯(ナコソオンセン セキノユ) 太平洋に面した位置に立つ温泉施設。この施設の最大の魅力は、営業時間が10時~翌朝9時(平日は23時30分)までなので、観光の途中に立ち寄るのに便利なこと。館内にはAVリラックスルームと男女別にレストルームを完備しているので、朝まで仮眠ができる。男女別の大浴場には源泉風呂やバイブラバスなど10種類の浴槽と2つのサウナ、外には太平洋の海原が目前に迫る打たせ湯付きの源泉露天風呂がある。 JR勿来駅→徒歩10分。 [るるぶ] 福島県 いわき市 勿来町関田須賀14
Copyright(C)2013, IPC Ltd. All rights reserved.