水戸市に隣接するエリア

水戸市の関連リンク

水戸市の観光スポット > おすすめ度5[秀]★★★★★ (2件)

偕楽園(カイラクエン) 1842年(天保13)年、徳川斉昭が「民と偕に楽しむ」という趣旨で開いた。当時の面積は14万8,000平方メートル、その大半を梅畑としたが、これは「種梅記の碑」にあるように、その実を梅干として非常の時に備えるのがねらいであった。1873年(明治6年)常磐神社(光圀・斉昭を祀る)の境内に一部を充てたので、現在の面積は11万平方メートル、東側が梅林、西が老杉木・竹林になっている。園内の梅は約3…。 [じゃらん] 茨城県 水戸市 常磐町1丁目33
千波湖(センバコ) 桜並木の遊歩道に囲まれた周囲約3kmの湖。湖面には白鳥や水鳥が優雅に泳ぐ姿が見られる。千波湖を中心とする一帯は千波公園として整備され、さくら広場やアスレチック、貸しボート、レンタサイクルなどがある。 JR水戸駅南口→徒歩15分。 [るるぶ] 茨城県 水戸市 千波町3080

水戸市の観光スポット > おすすめ度4[優]★★★★ (1件)

弘道館(コウドウカン) 60種約800本の梅。毎年偕楽園、弘道館公園を会場に、水戸の早春の風物詩「水戸の梅まつり」が開催される。 [じゃらん] 茨城県 水戸市 三の丸1丁目629

水戸市の観光スポット > おすすめ度3[良]★★★ (15件)

水戸芸術館(ミトゲイジュツカン) 水戸市制100周年を記念し開設された。音楽、演劇、美術の各部門に専用のホールを持ち、全てオリジナルの企画により運営される。また、高さ100mのタワーもあり見学もできる。 水戸駅からバスで10分。 [じゃらん] 茨城県 水戸市 五軒町1丁目68
茨城県近代美術館(イバラキケンキンダイビジュツカン) ルノアールなどの西洋美術品から、横山大観など郷土出身の有名画家の作品までを展示。敷地内には、水戸出身の画家である中村彜のアトリエが復元され、鑑賞できる。 JR水戸駅南口→徒歩15分。 [るるぶ] 茨城県 水戸市 千波町6661
水戸市森林公園(ミトシシンリンコウエン) 里山の自然に囲まれた広大な公園。この一角に恐竜の実物大模型が点在している。古生代末期の原始恐竜から白亜紀の巨大恐竜、新生代のマンモスなどが14体もあり、この数は関東一だ(施設の部屋貸しは有料)。 自動車:常磐道水戸ICから国道50号経由7km10分。 [るるぶ] 茨城県 水戸市 木葉下町5881
好文亭(コウブンテイ) 水戸藩第9代藩主、徳川斉昭が創建。外からはそれとわからないように工夫された窓や、エレベーターの元祖のようなお膳運搬装置など、斉昭の建築意匠が随所に見られる。 JR水戸駅から茨城交通偕楽園行きバスで20分、終点下車すぐ。 [楽天] 茨城県 水戸市 常磐町1丁目33
千波公園(センバコウエン) 千波湖を中心とした公園。県立近代美術館・野外ステージ・少年の森・徳川光圀公像・テニスコート・好文茶屋近代美術館等がある。レンタサイクルあり。付近では、幕末の水戸藩を舞台にした映画『桜田門外ノ変』の撮影に使われた日本最大級のいオープンロケセット・記念展示館が公開されています(平成24年3月31日まで)。 [じゃらん] 茨城県 水戸市 千波町
水戸市埋蔵文化財センター 大昔、海に手を伸ばしてはまぐりをとって食べていたという伝説の大男、ダイダラボウのふるさとを再現した公園。内部が展望台のダイダラボウ像や巨人足跡池などがある。 JR水戸駅から茨城交通アクアワールド大洗行きバスで25分、常澄庁舎前下車、徒歩10分。 [楽天] 茨城県 水戸市 塩崎町10641
水戸市植物公園(ミトシショクブツコウエン) 花いっぱいの心和むスポット。 JR水戸駅から関東鉄道植物公園行きバスで30分、植物公園下車すぐ。 茨城県 水戸市 小吹町504
山翠(サンスイ) 肝をすり込んだ特性の焼きミソで仕立てた「元祖アンコウ鍋」の店。鍋のほかにもあんきもや供酢もあり、中でも頭からかぶりつく柳焼きは日本でもここだけのメニューだ。 JR水戸駅から茨城交通大工町方面行きバスで5分、泉町1丁目下車すぐ。 茨城県 水戸市 泉町2丁目240
ルブラン(ルブラン) 季節の果物などを使った新しいフランス菓子の店。ティールームでは種類豊富なケーキをはじめ、ランチタイムのサンドイッチなども味わうことができる。 JR水戸駅から茨城交通バス文化センター・払沢循環で9分、千波下本郷下車、徒歩7分。 茨城県 水戸市 千波町370
茨城県庁展望ロビー(イバラギケンチョウテンボウロビー) 茨城県庁舎25階ロビーは人気の展望スポットで、地上約100mからの眺めは最高。晴れた日には関東平野を一望でき、筑波山や遠く太平洋まで見渡せる。 JR水戸駅からシャトルバスで20分(平日のみ)。 [楽天] 茨城県 水戸市 笠原町9786
水戸城址(ミトジョウシ) 鎌倉時代、馬場氏により建てられた館が、慶長14(1609)年に水戸徳川家の誕生とともに水戸城となった。明治5(1872)年の火災と昭和20(1945)年の空襲で全焼した。 JR水戸駅から徒歩7分。 [楽天] 茨城県 水戸市 三の丸
水戸八幡宮(ミトハチマングウ) 文禄元(1592)年の佐竹義宣が鎮斎。一時期、他の地に移された後、現在の地に移されてきました。400年の風雪を経た今日安土桃山時代の荘厳華麗な姿で現存し、国指定重要文化財となっています。本殿は和、唐様式を取り入れた入母屋造。 [じゃらん] 茨城県 水戸市 八幡町854
森のシェーブル館(モリノシェーブルカン) 森林公園の中にあり、ヤギが飼育され、このヤギ乳を使用したチーズの製造過程が見学できる。 [じゃらん] 茨城県 水戸市 全隈町1454森林公園内
常磐神社(トキワジンジャ) 偕楽園に隣接し、徳川光圀と斉昭を祀る神社。義公と呼ばれた光圀、烈公と呼ばれた斉昭の名をとった義烈館には2人の遺品を中心に書画、工芸品などを展示している。 JR水戸駅から茨城交通偕楽園行きバスで15分、終点下車すぐ。 [楽天] 茨城県 水戸市 常磐町1丁目31
常陽史料館(ジョウヨウシリョウカン) 「銀行の歴史-貨幣の歴史-郷土資料」などの展示閲覧ができる。 [じゃらん] 茨城県 水戸市 備前町671

水戸市の観光スポット > その他 (15件)

お菓子博物館(オカシハクブツカン) ★★ 菓子の歴史に関する資料や懐かしの菓子、世界の伝統菓子のコレクションなど、「菓子」にスポットを当てた珍しい博物館。徳川光圀など水戸三公にちなんだ菓子の展示もある。 JR水戸駅から茨城交通桜ノ牧高校行きバスで25分、桜ノ牧高校入口下車、徒歩5分。 茨城県 水戸市 見川町21395
茨城県立歴史館(イバラキケンリツレキシカン) ★★ 民俗考古(古代中世)近世の4部門で構成し,茨城県全般の資料や作品が展示してある。 水戸駅からバスで20分。 [じゃらん] 茨城県 水戸市 緑町2丁目115
別春館(ベッシュンカン) ★★ 茨城の地酒「副将軍大吟醸」は何度も全国新酒鑑評会で金賞を受賞した名酒。この醸造元・明利酒類が、梅酒貯蔵庫だった建物を改造した日本酒と梅酒の資料館。 JR水戸駅から茨城交通吉沢車庫行きバスで7分、千波中学校前下車、徒歩3分。 [楽天] 茨城県 水戸市 元吉田町338
義烈館(ギレツカン) ★★ 徳川光圀(義公)斉昭(烈公)の遺品を中心に水戸、徳川300年の文化史実を語る多数の貴重な品を陳列している記念館。 [じゃらん] 茨城県 水戸市 常磐町1丁目31
保和苑(ホワエン) ★★ 谷中桂岸寺の裏にあり、池・築山噴水・動物舎があり、6月にはあじさいまつりが開かれる。 [じゃらん] 茨城県 水戸市 松本町1319
護国神社(ゴコクジンジャ) ★★ 偕楽園の西南方の丘にソメイヨシノなど400本が咲く。 [じゃらん] 茨城県 水戸市 見川1丁目21
井熊總本家(イクマソウホンケ) ★★ 名物は白餡を求肥で包み赤シソで巻いた「水戸の梅」他に、甘さを控めにしたアンを羽二重モチで包んだ「ひかえおろ」がある。あんも3種類あり、お土産にも人気。 [じゃらん] 茨城県 水戸市 南町3丁目348
くれふしの里古墳公園(クレフシノサトコフンコウエン) ★★ 自然に囲まれた公園で、子どもから大人まで楽しめます。日本一のはに丸タワーがあります。屋上の展望台から内原を見渡して下さい。 [じゃらん] 茨城県 水戸市 牛伏町2012
木村屋本店(キムラヤホンテン) ★★ 江戸末期創業の老舗和菓子店。この店の「水戸の梅」はシソの上に砂糖をまぶした、独特でオリジナルな風味が好評。梅肉を練り込んだ「梅羊羹」も人気だ。 JR水戸駅から徒歩7分。 茨城県 水戸市 南町1丁目221
徳川ミュージアム(トクガワミュージアム) ★ かつて徳川光圀の茶室「高枕亭-こうちんてい]があった緑岡の地に立ち、水戸徳川家に伝わる数多くの宝物や史料を展示している。徳川家康をはじめ、水戸の歴代藩主や夫人たちの遺愛品などが見られる。なかでも、光圀の印籠は必見。所要1時間。 JR水戸駅北口→茨城交通バス桜川西団地行き、または桜の牧高校行きで20分、バス停:見川2丁目下車、徒歩5分。 [るるぶ] 茨城県 水戸市 見川1丁目12151
東照宮(トウショウグウ) ★ 日光東照宮の様式を取り入れ、1621年に水戸藩初代藩主の徳川頼房が家康を祀るために建立した。1945年に爆撃で焼失したが、1962年に現在の社殿が復元された。 JR水戸駅から徒歩5分。 [楽天] 茨城県 水戸市 宮町2丁目513
中崎家住宅(ナカザキケジュウタク) 直家(すぐや)現在も個人の住居。 [じゃらん] 茨城県 水戸市 鯉淵町2897
亀印本舗 水戸エクセルみなみ店(カメジルシホンポ ミトエクセルミナミテン) 創業嘉永5年(1852)お菓子の老舗として安全安心をテーマにこだわりの伝統の味を届けている。代表的な水戸銘菓として国産紫蘇葉100%を使用した、こだわりの「水戸の梅」に全国菓子博覧会にて受賞したみやびの梅や、この他にも季節の素材を活かした商品を豊富に取り揃えている。 自動車:北関東道水戸南ICから10分。 [るるぶ] 茨城県 水戸市 宮町1丁目731エクセルみなみ 3階
亀印本店(カメジルシホンテン) 嘉永5年(1852)創業の和菓子店。伝統を守る一方、ホワイトチョコで干しイモをコーティングした「チョコ-いも」8個入り1000円など、新感覚スイーツも次々と手がける。隣にはお菓子博物館-料金]入館500円[時間]9~17時)も併設。隔月にてイベント(焼きたて、出来たて、工場祭)開催。 自動車:常磐道水戸ICから国道50号経由6km10分。 [るるぶ] 茨城県 水戸市 見川町21395
都炉美煎本舗 見和店(トロビセンホンポ ミワテン) 焼きたてせんべいが有名な店だが、平成20年(2009)誕生したかりんとうまんじゅう水戸饅1個100円が大ヒット。黒糖を練り込んで揚げた皮はカリカリと香ばしく、やみつき必至のおいしさ。週末は昼前に売り切れるので、購入はお早めに。予約も受付。その他クッキーも多数揃う。 JR水戸駅→茨城交通バス、バス停:見川中入口、徒歩すぐ。 [るるぶ] 茨城県 水戸市 見和1丁目3113
Copyright(C)2013, IPC Ltd. All rights reserved.