足利市に隣接するエリア

足利市の関連リンク

足利市の観光スポット > おすすめ度5[秀]★★★★★ (1件)

あしかがフラワーパーク(アシカガ フラワーパーク) 昨年の180万球から210万球にボリュームアップの「光の花の庭」は日本夜景遺産「関東三大イルミネーション」にも認定登録となった。今年は「奇跡の大藤」が咲き乱れる。日本一の大藤に藤色の花房をイメージした電飾が付き、春を想像させ風に揺らめく様は、まるで大藤が満開になったような見ごたえ。水面に映り込む幻想的な光のピラミッドや、クリスマスシーンを演出する高さ23mのクリスマスタワー、園内南側の山際に登場…。 公共交通機関・JR両毛線富田駅から徒歩13分 自動車・東北自動車道佐野藤岡ICから国道50号を経由し、県道128号を川崎町方面へ車で10km(国道50号久保田町交差点を右折)。 [楽天] 栃木県 足利市 迫間町607

足利市の観光スポット > おすすめ度4[優]★★★★ (3件)

史跡 足利学校(シセキ アシカガガッコウ) 日本最古の総合大学。隆盛期の天文年間(1532~54)には全国から学徒3000人を集め、儒学・医学・兵学などの授業が行われたという。その様子はフランシスコ・ザビエルによって海外に紹介された。明治5年(1872)に廃校になったが、平成2年(1990)江戸中期の姿が復原された。所要40分。 JR足利駅→徒歩10分、または東武鉄道足利市駅→徒歩15分。 [るるぶ] 栃木県 足利市 昌平町2338
鑁阿寺(バンナジ) 足利義兼が邸内に持仏堂を建てたのにはじまり、以来足利家の氏寺となっている。本尊は大日如来像。 [じゃらん] 栃木県 足利市 家富町2220
織姫神社(オリヒメジンジャ) 県立自然公園の南端にあり、産業振興を祈願して建立。八千々姫命・天御鉾命を祀る。 [じゃらん] 栃木県 足利市 西宮町3889

足利市の観光スポット > おすすめ度3[良]★★★ (2件)

栗田美術館(クリタビジュツカン) 伊万里、鍋島の日本磁器を1万点あまり展示している。そのコレクションは世界最大級で、広い敷地内には本館のほか歴史館、研究所、茅葺茶室など20以上の建物が点在している。 [じゃらん] 栃木県 足利市 駒場町1542
織姫公園(オリヒメコウエン) 明治百年記念事業の一環として造成した市内で唯一の総合公園で古墳もある。ハイキングコースの発着点で、桜やつつじ、あじさい、紅葉の名所。 [じゃらん] 栃木県 足利市 本城3丁目3883

足利市の観光スポット > その他 (17件)

ココ・ファーム・ワイナリー(ココ ファーム ワイナリー) ★★ 約50年前、知的障害をもつ中学生たちが葡萄畑を開墾。その山の急斜面の葡萄畑の麓にある醸造場で自家製ワインが買える。ワイナリー見学(500円)やワインが飲めるカフェもあるので、買い物がてら出かけてみよう。 JR足利駅→車20分。 [るるぶ] 栃木県 足利市 田島町611
徳蔵寺(トクゾウジ) ★ 九州の耶馬渓の羅漢寺、鎌倉の建長寺とともに、日本三大五百羅漢尊に数えられ、県の文化財にもなっている五百羅漢尊を祀る。いろいろな願いごとができる寺である。 JR両毛線足利駅からタクシーで5分。 栃木県 足利市 猿田町93
松田川ダムふれあい広場(マツダガワダムフレアイヒロバ) 別にバーベキュー場あり。 [じゃらん] 栃木県 足利市 松田町26953
草雲美術館(ソウウンビジュツカン) 幕末の勤皇画家である田崎草雲の遺作、遺品を収集・公開。敷地内には草雲が晩年を過ごした白石山房と呼ばれる住居と茶室・画室がある。 JR両毛線足利駅からタクシーで6分。 [楽天] 栃木県 足利市 緑町2丁目3768
太平記館(タイヘイキカン) NHKの大河ドラマ「太平記」の放映を記念して建てられた。館内1階には、観光案内インフォメーションや、足利の特産品を揃えたみやげ売り場などが設置されている。 JR両毛線足利駅から徒歩7分。 [楽天] 栃木県 足利市 伊勢町3丁目64
西宮神社(ニシノミヤジンジャ) 足利の七福神の一つとして知られる。1603(慶長8)年に江戸幕府代官・小林重郎左衛門が領地繁栄のために創建。厄除招福・商売繁盛の神で、秋祭りには多くの人でにぎわう。 JR両毛線足利駅から徒歩25分。 栃木県 足利市 西宮町3129
最勝寺 行基菩薩の開創と伝えられ、日本三毘沙門天の一つ。 [じゃらん] 栃木県 足利市 大岩町570
足利市立美術館(アシカガシリツ ビジュツカン) 市街地のほぼ中央に位置し、市の管理運営する集合住宅と併設。足利および両毛地域を中心に、文化・芸術の多様さ、奥深さ、面白さを、時代や地域を問わず紹介している。足利市出身の画家である原田平治郎氏、高木勇次氏、川島理一郎氏のほか、詩人・相田みつを氏などの特別展や企画展も開催。郷土作家コーナーは観覧無料。 JR足利駅→徒歩10分。 [るるぶ] 栃木県 足利市 通2丁目147
足利まちなか遊学館(アシカガマチナカユウガクカン) かつて足利の産業の中心を担っていた織物に関する資料を展示。館内には江戸時代から昭和初期まで使われていた八丁撚糸機[はっちょうねんしき]や足踏織機といった機械を見ることができる。コースター作りの体験は所要40分、400円。織物体験コーナーも人気だ。 自動車:東北道佐野藤岡ICから国道50号経由20km40分。 [るるぶ] 栃木県 足利市 通1丁目26731
まち歩きミュージアム(マチアルキミュージアム) 足利市の歴史や観光について分かりやすく紹介されている。散策前に立ち寄ってみよう。 JR足利駅→徒歩10分。 [るるぶ] 栃木県 足利市 通3丁目2757
常念寺(ジョウネンジ) 創建後に廃寺になり、その後再建。素戔嗚尊夫婦の御神像がある。 JR両毛線足利駅から徒歩20分。 栃木県 足利市 通7丁目3094
門田稲荷(カドタイナリ) 下野國一社八幡宮の境内にあり、日本三大縁切り稲荷のひとつ。縁切りに関する古い絵馬が数多く残り、往時の風俗がうかがえる。 JR両毛線足利駅から徒歩15分。 [楽天] 栃木県 足利市 八幡町387
福厳寺(フクゴンジ) 1182(寿永元)年、藤姓足利の4代目が母の菩提と父の供養のために開創した古刹。本尊の釈迦如来は足利市指定重要文化財。布袋尊足利七福神は福徳円満・家内安全の神として親しまれている。 JR両毛線足利駅から徒歩25分。 [楽天] 栃木県 足利市 緑町1丁目3270
香雲堂本店(コウウンドウホンテン) 独自の製法で生み出された足利名物の最中。 JR両毛線足利駅から徒歩15分。 栃木県 足利市 通4丁目2570
うさぎや(ウサギヤ) 普段づかいの着物をお探しの方、気軽に着物を楽しみたい方、お細工物など手作り派の方は是非。2階工房では洋服にリメイクオーダーもできる。足利散策のための街着きせかえサービスもあり(要予約)大正~昭和初期建築の家屋を利用した店内では、抹茶セット500円など喫茶も楽しめる。うさぎやロゴマーク入りデザインの手ぬぐい、銘仙ブックカバーなどオリジナル小物はお土産にオススメ。 自動車:北関東道足利ICから国道293号経由8分。 [るるぶ] 栃木県 足利市 大門通23801
厳島神社 美人弁天(イツクシマジンジャ ビジンベンテン) 厳島神社に鎮座する黄金の石像が、日本唯一の「美人弁天」神社の御祭神・市杵島姫命の分身として祀られており、女性の健康・長命・美の願いを叶えてくれるそう。参拝すると「美人証明」がもらえるとあり、女性の間で人気スポットに。 JR足利駅・東武足利市駅→徒歩20分。 [るるぶ] 栃木県 足利市 本城2丁目1860
足利鹿島園温泉(アシカガカシマエンオンセン) 足利市郊外にあるゴルフ練習場に隣接した温泉施設。建物は地上2階・地下1階建てで、1階が受付や食事処兼大広間、レストランなど。浴場は地下に大浴場、2階にゴルフ練習場と市街を見下ろす展望風呂が男女別にある。1日19万リットルの源泉を循環併用放流式で使用しているので、浴槽からは温泉が大量にあふれ出ているのがなんとも贅沢だ。地下と2階には大小の休憩大広間や宴会場、カラオケ付き個室などがあり…。 JR足利駅→車10分。 [るるぶ] 栃木県 足利市 大沼田町2149
Copyright(C)2013, IPC Ltd. All rights reserved.