天川村に隣接するエリア

天川村の関連リンク

天川村の観光スポット > おすすめ度4[優]★★★★ (6件)

面不動鍾乳洞(メンフドウショウニュウドウ) カルスト地形の洞川一帯には多くの鍾乳洞が点在するが、観光用に整備されているのがここ。洞内は無風で温度は年中8~10度に保たれている。つららのように垂れ下がる鍾乳石やタケノコのように下から伸びる石筍[せきじゅん]が、見事な自然美を造り出している。県指定の天然記念物。 近鉄下市口駅→奈良交通バス洞川温泉行きで1時間15分、バス停:洞川温泉下車、徒歩12分。 [るるぶ] 奈良県 吉野郡 天川村 洞川
五代松鍾乳洞(ゴヨマツショウニュウドウ) 修験道の祖・役行者が開いた大峯山の登山口にあたる洞川は、修験者が訪れる神秘の里。この地は清らかな水が湧き出す鍾乳洞が多数あり、昭和8年に地元の赤井五代松氏によって発見、公開されている五代松鍾乳洞は、秘境の探検気分を味わえる。案内してくれるガイドとともに洞内に入ると、気の遠くなるような時を刻んできた無数の鍾乳石や石筍、石柱がずらりと並んで幻想的。鍾乳洞から湧き出たミネラル分たっぷりの名水を…。 自動車:南阪奈道路新庄ICから県道169号、国道309号経由50km1時間20分。 [るるぶ] 奈良県 吉野郡 天川村 洞川
みたらい渓谷(ミタライケイコク) 山上川と天の川の合流付近に、4kmにわたって続く渓谷。自然の要害として、南朝の皇族方が敵の来襲の際避難した場所で、南朝のロマンを秘めた伝説が残る。周辺の森林は人の手が入らず、特に新緑と紅葉は美しい。洞川温泉とは、約7kmの遊歩道で結ばれている。 自動車:南阪奈道路葛城ICから国道169・309号経由47km1時間25分。 [るるぶ] 奈良県 吉野郡 天川村 北角
天河大弁財天社(テンカワダイベンザイテンシャ) 日本の三大弁天のひとつに数えられているこの天河大弁財天社では、中央にその弁才天女、右に熊野権現(本地仏:阿弥陀如来)左に吉野権現(蔵王権現)がお祀りされており、神仏習合の形態を今も残しています。また、神社は吉野熊野本宮あるいは吉野総社として、大峯修験の要の行場とされ、古来、高僧や修験者たちが集まりました。とくに弘法大師空海の参籠後は、大峯参り、高野詣と併せて多くの人々が訪れるところとなりました…。 [じゃらん] 奈良県 吉野郡 天川村 坪内107
天川村みのずみオートキャンプ場(テンカワムラミノズミオートキャンプジョウ) 緑と清流が気持ちいい空間。 南阪奈道路終点から大和高田バイパスに進み、国道169号で大淀町へ進み、土田交差点で国道370号へ右折。岡崎交差点で国道309号へ左折、天川村へ進み現地へ。南阪奈道路終点から45km。 奈良県 吉野郡 天川村 南角
龍泉寺(リュウセンジ) 龍泉寺は真言宗醍醐派の大本山として多くの信者を集めておりますが、洞川から登る修験者は、宗派を問わず龍泉寺に詣で、水行の後、八大龍王に道中安全を祈ってから、山上ヶ岳に向かうしきたりとなっています。修験道の根本道場として信者・登山者の必ず訪れる霊場です。境内、竜の口より湧き出る清水をたたえた大峯山中第一の水行場があり、本尊弥勒菩薩、八大龍王、役の行者尊は、全国信者の尊崇を集めています。また…。 [じゃらん] 奈良県 吉野郡 天川村 洞川494

天川村の観光スポット > おすすめ度3[良]★★★ (7件)

天の川青少年旅行村(テンノカワセイショウネンリョコウムラ) AC電源付のオートサイトのほか、6タイプのコテージ、バンガローがあり、充実した設備と、川あそびにぴったりの立地条件が人気。川を眺めながらのBBQも楽しめ、近くにはみずはの湯もある。 南阪奈道路葛城ICを出て、県道30号へ右折して入り、五條市方面へ進む。五條市街の本陣交差点で国道168号(十津川街道)に入り、さらに南下。大塔橋を渡ってすぐの阪本交差点で左折し、県道53号を天川村へ進むと、川越し左手に現地。葛城ICから52km。 [楽天] 奈良県 吉野郡 天川村 庵住
円空の里 なごみ村キャンプ場(エンクウノサトナゴミムラキャンプジョウ) 清流が目の前を流れ、釣りや水遊びにもってこいのロケーション。宿泊施設も揃っていて、場内には食堂もあるので、気軽にのんびり楽しめる。夏の蛍をはじめ、四季折々の自然も楽しみ。 南阪奈道路終点から大和高田バイパスに進み、国道169号で大淀町へ。土田交差点で国道370号へ右折、岡崎交差点で国道309号へ左折して、天川村。川合交差点を右折して、約7km。南阪奈道路終点から50km。 奈良県 吉野郡 天川村 栃尾415
西之谷ふれあいの森キャンプ場(ニシノタニフレアイノモリキャンプジョウ) 静かな森で清流とふれあおう。 南阪奈道路終点から国道165号・169号で大淀町へ進み、土田交差点で国道370号へ右折。岡崎交差点で国道309号へ左折して、天川村へ。さらに県道53号で大塔方面へ進み阪本で左折。南阪奈道路終点から60km。 奈良県 吉野郡 天川村 和田231
洞川湧水群(ドロガワユウスイグン) 古くから水の美しさで知られるところ。なかでも、ごろごろ水、泉の森、神泉洞の3つの湧水からなる洞川湧水群は、日本名水百選にも選ばれており、ミネラル分を多く含む。 近鉄吉野線下市口駅から奈良交通バス洞川温泉行きで1時間18分、終点下車、徒歩20~40分。 [楽天] 奈良県 吉野郡 天川村 洞川
白の平オートキャンプ場(シロノタイラオートキャンプジョウ) 川辺の避暑地でアウトドア。 南阪奈道路葛城ICから国道165号・24号・309号で天川村へ進み、川合交差点で左折し、県道21号へ入り左手に現地。葛城ICから48km。 奈良県 吉野郡 天川村 洞川3712
大峯山寺(オオミネサンジ) 修験道の開祖・役行者が開いたと伝わる古刹で、約1300年前から女性の入山を禁ずる「女人禁制」を守る。5月3日から9月23日早朝までの開山期間には、今なお多くの山伏が参拝に訪れる。 近鉄下市口駅→奈良交通バス、バス停:洞川温泉下車、登山口まで徒歩1時間、登山口より登山3時間。 [るるぶ] 奈良県 吉野郡 天川村 洞川703
蟷螂の岩屋(トウロウノイワヤ) 役行者をはじめ多くの修験者が修行を積んだところで、洞内は天井が低く、入洞する修験者が腰をかがめた姿がかまきり(蟷螂)に似ていることからこう呼ばれるようになったといわれています。 [じゃらん] 奈良県 吉野郡 天川村 洞川

天川村の観光スポット > その他 (12件)

天の川温泉センター(テンノカワオンセンセンター) ★★ 天河大弁財天社があることで有名な天川村の高台に立つ日帰り入浴施設。高野槙を使った大浴場と東屋を設えた露天風呂がある。建物も杉や檜、松など天然木にこだわっている。しっとりつるつるの俗に言う美人の湯の成分の多い温泉がたたえられる。露天風呂からの眺めもよく、特に平日は秘湯の風情たっぷり。 自動車:南阪奈道路葛城ICから国道165・169・309号、県道53号経由60km1時間30分。 [るるぶ] 奈良県 吉野郡 天川村 坪内232
天川薬湯センターみずはの湯(テンカワヤクトウセンターミズハノユ) ★★ 特産の薬草トウキなどを使った生薬配合の薬湯露天風呂が自慢。正面に滝と清流が眺められる「絶景」の露天風呂で、ハーブサウナや休憩室有。浴槽は、赤御影の"花風呂"と桧の"岩風呂"の日替わり交代。絶好のロケーションのもと、憩いとやすらぎを提供しています。 [じゃらん] 奈良県 吉野郡 天川村 山西2983
観音峰(カンノンミネ) ★★ 観音峰は稲村ヶ岳や弥山への展望が素晴らしい山で、大峯前衛の山として人気が高いく、四季を通じて豊かな自然と抜群の展望、そして南朝の歴史に彩られた変化にとんだコースです。観音峰登山口からコース沿いに南朝と天川村との関わりを示したレリーフが整備されており、頂上直下の観音の岩屋は、北朝方の襲来のおり南朝の皇族が一時避難された場所とされています。中には後村上天皇の守仏とされる十一面観音が祭祀されており…。 [じゃらん] 奈良県 吉野郡 天川村 洞川
洞川温泉センター(ドロガワオンセンセンター) ★ 村営の日帰り温泉施設。吉野杉で造った建物に高貴な檜を使った浴場があり、漂う自然木の香りが何ともすがすがしい。大峰山の登山口として知られるエリアで、オンシーズンには行楽客でにぎわう。 近鉄吉野線下市口駅から奈良交通洞川温泉行きバスで1時間18分、終点下車、徒歩5分。 奈良県 吉野郡 天川村 洞川131
稲村ケ岳(イナムラガタケ) ★ 稲村ヶ岳は山上ヶ岳の南西にある霊峰で、戦後女人結界が解かれ、男性は山上ヶ岳へ、女性は稲村ヶ岳へ登るようになり、女人大峯と呼ばれています。稲村ヶ岳と大日山は石楠花の季節には一面花の山となります。稲村ヶ岳の頂上には展望台が設置されており、世界遺産に登録された大峯奥駈道を一望できます。大日のキレットから鉄梯子を伝って大日山に登ることができ、頂上には大日如来が祀られています。 [じゃらん] 奈良県 吉野郡 天川村 洞川
円空仏(栃尾観音堂)(エンクウブツ(トチオカンノンドウ)) 江戸時代、放浪の僧円空は大峯の地で修行されました。寛文十二年から延宝三年までの間に二度入峰し、山上ヶ岳や小篠の宿、笙の窟、鷲の窟など厳しい冬のさなかの越年修行を行っています。この大峯山入峰の時に残された仏像の中に、栃尾観音堂に安置されている聖観音菩薩立像、大弁財天女立像、金剛童子像、護法神像の四体があります。どの像も円空の作風の特徴をよく表しており、見る者を惹きつける穏やかな微笑…。 [じゃらん] 奈良県 吉野郡 天川村 栃尾
双門の滝(ソウモンノタキ) 日本の滝百選にも選ばれた険しい山奥にある名瀑。 近鉄吉野線下市口駅から奈良交通洞川温泉行きバスで1時間、天川川合下車、徒歩4時間。 奈良県 吉野郡 天川村 洞川
山上ケ岳(サンジョウガタケ) 大峯山脈の主峰で標高1719m。正式には山上ケ岳という。役行者が7世紀に開き、修験道の聖山として古くから信仰を集めてきた。千三百年の間にわたり女人禁制を守り続けている。山頂には、世界遺産・わが国最高所に建つ大峰山寺(重要文化財)があり、山中には鐘掛岩・西の覗など多くの行場がある。毎年5月3日の戸開けから9月23日の戸閉めの間は、多くの修験者が訪れる。 近鉄下市口駅→奈良交通バス洞川温泉行きで1時間15分、バス停:洞川温泉下車、登山口まで徒歩1時間、登山口から山頂までは3時間。 [るるぶ] 奈良県 吉野郡 天川村 洞川
弥山(ミセン) 天河大辨財天社の奥宮が祭祀されている弥山は、水の神として古くから聖地とされてきました。弥山とは仏教の世界観を表した須弥山から名づけられました。大峯の中心的山岳です。頂上付近からは奈良時代後期の遺物が出土しており、古くから参詣があったものと思われます。た、大峯七十五靡きの五十四番目の弥山宿があり、5月から11月のシーズンは管理人の常駐する山小屋が営業されています。7月頃に弥山と八経ヶ岳の鞍部では…。 [じゃらん] 奈良県 吉野郡 天川村 坪内から南東7km以内
大峯奥駈道(オオミネオクガケミチ) 大峯奥駈道は修験道の開祖、役行者が8世紀初めに開いたとされる修験者の修行の道です。吉野から熊野までの約170kmの道程は、山上ヶ岳や弥山、八経ヶ岳、釈迦ヶ岳など標高2000m近い山々の尾根をたどる、修験道の中でも最も過酷で厳しい修行の行場です。1000年の歴史を超えて引き継がれてきたこの道は、今回世界遺産登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」の中心的構成要素と呼ぶにふさわしいものと言えるでしょう。 [じゃらん] 奈良県 吉野郡 天川村 洞川678の東側付近
天川村立資料館(テンカワソンリツシリョウカン) 大峯参詣の拠点、洞川にある資料館。村民の生活道具や山岳信仰の様子を示す数々の資料を展示し、大峯信仰を中心に村の暮らしと歴史、自然と風土を紹介。なかでも、古くから伝わる民具や看板、行者名簿などが興味深い。併設のギャラリーほのぼのは無料開放され、シーズンごとに写真展などを開催している。 近鉄下市口駅→奈良交通バス洞川温泉行きで1時間15分、終点下車、徒歩10分。 [るるぶ] 奈良県 吉野郡 天川村 洞川6741
ごろごろ水(ゴロゴロミズ) 関西最大級の五代松鍾乳洞などのカルスト地形に湧く名水。地中を流れる水が鍾乳洞付近の洞穴にこだまし、「ごろごろ」と聞こえることから命名されたといわれる。ミネラル分を適度に含み、特にカルシウムの含有量が多い。洞川の温泉街には「名水コーヒー-名水豆腐」などの看板を掲げる店も多く、毎年4月下旬には名水まつりも開かれる。洞川[どろがわ]は大峯山系から清冽な水が湧出することで知られ、ごろごろ水を含む3カ所…。 自動車:南阪奈道路葛城ICから国道169・309号、県道21号経由52km1時間35分。 [るるぶ] 奈良県 吉野郡 天川村 洞川686139
Copyright(C)2013, IPC Ltd. All rights reserved.