琴平町に隣接するエリア

琴平町の関連リンク

琴平町の観光スポット > おすすめ度5[秀]★★★★★ (1件)

金刀比羅宮(コトヒラグウ) 「こんぴらさん」の名で親しまれる金刀比羅宮の御本宮は、檜皮葺の大社関棟[たいしゃせきむね]造。拝殿の格子天井に蒔絵が施され、向拝には菊花の紋章が付けられている。本宮前の広場からは讃岐平野の眺望が広がる。 JR琴平駅→徒歩50分。 [るるぶ] 香川県 仲多度郡 琴平町 8921

琴平町の観光スポット > おすすめ度4[優]★★★★ (1件)

旧金毘羅大芝居(キュウコンピラオオシバイ) 天保6年(1835)に建立されたもので現存する歌舞伎劇場としては日本最古の劇場。2階建てで299坪の広さを持つ建物の内部にはワクで仕切られた観客席と舞台が「高窓」と呼ばれる明かり窓から射し込む日の光のなかに浮かび上がり、静かな風情を感じさせる。「廻り舞台」や「せり」などの仕掛けを持った舞台の下は「奈落」と呼ばれ、人力で廻り舞台やせりの仕掛けを動かす舞台装置が、今も当時のままに残されており…。 [じゃらん] 香川県 仲多度郡 琴平町 1241

琴平町の観光スポット > おすすめ度3[良]★★★ (4件)

琴平(コトヒラ) うどん作りのベテランが丁寧に指導してくれ、自分で手打ちうどんを作ることができる。打った麺は持ち帰るか、釜揚げで食べることもできる。所要は1時間から1時間30分。 JR土讃線琴平駅から徒歩10分。 [楽天] 香川県 仲多度郡 琴平町 796
灸まん本舗石段や(キュウマンホンポイシダンヤ) 名物は「灸まん」で古くからこんぴら土産としても有名。 [じゃらん] 香川県 仲多度郡 琴平町 内町
海の科学館(ウミノカガクカン) 海と船と人のかかわりを学ぶ。 JR土讃線琴平駅から徒歩15分。 香川県 仲多度郡 琴平町 953
こんぴらみやげ山下大黒屋(コンピラミヤゲヤマシタダイコクヤ) 「まる金うちわ」のサイズは約10種類。さぬきうどん、灸まん、昔なつかしいブリキのおもちゃなどのみやげがそろう。池上製麺所の「るみばあちゃんのうどん」が人気。 JR土讃線琴平駅から徒歩7分。 [楽天] 香川県 仲多度郡 琴平町 697

琴平町の観光スポット > その他 (14件)

厳魂神社(イヅタマジンジャ) ★★ 奥社の西側の垂直に切り立った岩壁の上には、荒々しい表情をした天狗面が掲げられている。これは象頭山が修験者勤行の地であったことを今に伝えている。 JR土讃線琴平駅から徒歩10分(石段上り口)。 香川県 仲多度郡 琴平町 8921
ことひら温泉 琴参閣(コトヒラオンセン コトサンカク) ★★ こんぴらさんのふもとにある温泉施設。男性用露天風呂は自然石を配した野趣あふれる岩風呂。女性用露天風呂は総檜造りの船形風呂がある。釜風呂サウナもあり、好評だ。 JR土讃線琴平駅から徒歩5分(琴平駅から送迎あり、予約制)。 香川県 仲多度郡 琴平町 68511
金陵の郷(キンリョウノサト) ★★ 寛政元年(1789)から続く、琴平の地酒「金陵」の製造元が公開する酒の博物館。建物は金刀比羅宮の参道に面した旧倉庫を白壁の酒蔵にしたもの。敷地内には樹齢800年という大楠が枝を伸ばす広場がある。広場を囲むように立つ元貯蔵倉が歴史館に、元仕込蔵が文化館になっている。歴史館では江戸時代の酒造りの工程を道具類とともに紹介。文化館は古い徳利や杯などを展示している。所要30分。 JR琴平駅・ことでん琴電琴平駅→徒歩12分。 [るるぶ] 香川県 仲多度郡 琴平町 623
琴平町の大センダン(コトヒラチョウノダイセンダン) ★★ 町営観光バス乗降場の一角にそびえる。推定樹齢約350年、高さ約13mの四国最大のセンダン。初夏には紫色の花をつける。天然記念物に指定され、新・日本名木百選の一つ。 JR土讃線琴平駅から徒歩7分。 香川県 仲多度郡 琴平町 1925付近
宝物館(ホウモツカン) ★★ 十一面観音像・絵巻・彫刻等。 [じゃらん] 香川県 仲多度郡 琴平町 8921
鞘橋(サヤバシ) ★ 旧阿波街道に近い金倉川[かなくらがわ]に架かり、長さ約24m、高さ4.2m。刀の鞘のような反りがあることからその名が付いた。銅葺唐破風造の屋根をのせ、橋脚のない全国でも珍しい浮橋だ。 自動車:高松道善通寺ICから11km15分。 [るるぶ] 香川県 仲多度郡 琴平町 2310付近
琴平町立歴史民俗資料館(コトヒラチョウリツレキシミンゾクシリョウカン) 江戸時代からの庶民信仰にまつわる奉納絵馬や門前町の商家の生活資料を展示している。 [じゃらん] 香川県 仲多度郡 琴平町 7581
五人百姓(ゴニンビャクショウ) 金刀比羅宮大門を入ってすぐの場所に、境内で唯一商いを許された5軒の店(6~18時、冬期は7~17時、無休)が名物の加美代飴[かみよあめ-500円)を売っている。 自動車:高松道善通寺ICから11km15分。 [るるぶ] 香川県 仲多度郡 琴平町 8921
書院(ショイン) 金刀比羅宮内にあり、江戸初期の万治[まんじ]年間(1658~1660)に建てられた表書院と奥書院の2棟(重要文化財)からなる。表書院は、円山応挙[まるやまおうきょ]筆の襖絵があることで有名。重要文化財に指定されている。奥書院は一般公開をしていないが、岸岱[がんたい]筆などの襖絵を所蔵。所要20分。 JR琴平駅・ことでん琴電琴平駅→徒歩40分。 [るるぶ] 香川県 仲多度郡 琴平町 8921
本家船々堂(ホンケフネフネドウ) 石段22段目にある明治42年(1909)創業の老舗。帆掛け船の形に焼き上げた「元祖船々せんべい」30枚入り550円~は、発売当初の味と製法を守っている。「かた目の親分」6枚入り630円~は餡を挟んだ柔らかい煎餅。玉子の黄身だけを使う、ほろりとした口あたり。清水の次郎長に代わってこんぴら参りをした、森の石松にちなんでいる。キッチュなイラストも要チェックだ。 JR琴平駅→徒歩10分。 [るるぶ] 香川県 仲多度郡 琴平町 952
高燈籠(タカトウロウ) 高さ27.6m、木造の燈籠としては日本一の高さを誇る琴平のシンボル的存在。丸亀沖を航行する船から明かりが見えるようにと約6年の歳月をかけて、安政6年(1859)に建てられた。 JR琴平駅・ことでん琴電琴平駅→徒歩すぐ。 [るるぶ] 香川県 仲多度郡 琴平町 314付近
凸凹堂 金毘羅(デコボコドウ コンピラ) 「しあわせさん、こんぴらさん」の幟がたつ金刀比羅宮参道にある、古民家風の建物。店内は世界中の貴重な石や鉱物が、淡い照明のもとで美しく輝く。昔から、石は願いごとを叶え、幸せにしてくれるパワーを秘めると信じられてきた。天然石のアクセサリーを身につけると、あなたも幸せになれるかも。 自動車:高松道善通寺ICから6km15分。 [るるぶ] 香川県 仲多度郡 琴平町 7151
山中象堂(ヤマナカゾウドウ) 石段30段目にある讃岐一刀彫の宗家。荒彫りノミのあとを生かした簡素な形が特徴の伝統工芸品。味わい深いヘタリ達磨は5000円。カラフルなPOPだるまは6300円、オーダーは+2000円。 JR琴平駅→徒歩15分。 [るるぶ] 香川県 仲多度郡 琴平町 980
浪花堂餅店(ナニワドウモチテン) 琴平名物五色餅の浪花堂が約100m南西に移転新装。あん餅パイ1個120円が新メニューに加わった。店頭のかつて餅を売り歩いた引き車と、五色餅5個入り600円の素朴な味は変わらない。 JR琴平駅→徒歩5分。 [るるぶ] 香川県 仲多度郡 琴平町 6033
Copyright(C)2013, IPC Ltd. All rights reserved.