うるま市に隣接するエリア

うるま市の関連リンク

うるま市の観光スポット > おすすめ度4[優]★★★★ (5件)

海中道路(カイチュウドウロ) 与勝半島の北岸と金武湾に浮かぶ平安座島を結ぶ、延長4.7kmの海中道路。干潮時は潮干狩に最適。 [じゃらん] 沖縄県 うるま市 与那城屋平4
ビオスの丘(ビオスノオカ) 沖縄の森とランの花がテーマの自然植物園。自生・野生らんの屋外内の展示、ガーデンセンターや湖水観賞舟、ブーケガーデン、亜熱帯植物(ヘゴの木3,000本)小動物の世界、ランの販売。なお、湖水観賞舟でのジャングルクルーズがみどころ。 沖縄道石川ICから車で(沖縄ロイヤルゴルフ場隣り)。 [じゃらん] 沖縄県 うるま市 石川嘉手苅96130
勝連城跡(カツレンジョウアト) 勝連城跡は、琉球王国が安定していく過程で、国王に最期まで抵抗した有力按司(あじ)阿麻和利が住んでいた城として有名。一の曲輪(くるわ)からは、北は金武湾を囲む北部の山々やうるま市の離島を望むことができ、南は知念半島や久高島、護佐丸の居城であった中城城跡が一望できる景勝地になっている。勝連城跡は、2000年12月に『琉球王国のグスク及び関連遺産群』の一つとして、世界遺産に登録された…。 [じゃらん] 沖縄県 うるま市 勝連南風原3908
伊計島(イケイジマ) 海中道路から平安座島、宮城島そして伊計大橋を経て与勝半島と陸続きとなった、周囲7kmの平坦な島。伊計ビーチや大泊ビーチ、仲原(なかばる)遺跡などがある。 沖縄自動車道沖縄北ICから県道36号・10号を与那城伊計方面へ車で27km。 [楽天] 沖縄県 うるま市 与那城伊計
浜比嘉島(ハマヒガジマ) 平安座島からまっすぐに伸びた浜比嘉大橋を渡ると見えてくる浜比嘉島。周囲7kmの起伏に富んだ島。浜と比嘉2つの集落があり、赤瓦屋根の家並みや石垣といった昔ながらの古民家のたたずまいを残すほか、半農半漁の生活が営まれています。琉球開びゃくの神「アマミキヨ」が眠る島として知られ、拝所や御嶽(ウタキ)が点在。 [じゃらん] 沖縄県 うるま市 勝連比嘉

うるま市の観光スポット > おすすめ度3[良]★★★ (6件)

伊計ビーチ(イケイビーチ) 伊計島にある天然砂のビーチ。潮の干満の影響が少ないため、時間帯に関係なく泳ぐことができる。シャワーやパーラーがあり、レンタル用品も充実している。 沖縄自動車道沖縄南ICから一般道を経由して国道330号、県道75号でうるま市へ。平良川交差点で右折して県道10号で平安座島へ進み、一般道を経由して伊計島へ。伊計大橋を渡った先右手に現地。沖縄南ICから31km。 沖縄県 うるま市 与那城伊計405
平安座島(ヘンザジマ) 海中道路によって本島と結ばれているのが平安座島。大半が石油関連施設の、石油タンクが林立する島だが、かつては山原船の交易の中心地だった。 沖縄自動車道沖縄北ICから県道33号・10号を平安座方面へ車で16km。 [楽天] 沖縄県 うるま市 与那城平安座島
宮城島(ミヤギジマ) 周囲12kmと、与勝諸島の中で一番大きい島。島の北側にあるシヌグ堂バンタからは、宮城集落やサトウキビ畑、伊計島までが見渡せる。 沖縄自動車道沖縄北ICから県道37号・10号を宮城島方面へ車で21km。 沖縄県 うるま市 与那城宮城島
伊計大橋(イケイオオハシ) 海中道路ロードパークから平安座島(へんざじま)を越え、宮城島と伊計島とを結ぶ橋。真っ赤な色がその下に広がるコバルトブルーの海と絶妙なコントラストを描く。 沖縄自動車道沖縄北ICから県道36号・10号を与那城伊計方面へ車で27km。 [楽天] 沖縄県 うるま市 与那城伊計
海の駅あやはし館(ウミノエキアヤハシカン) 海中道路の中間地点にあり、船をモチーフにした建物が印象的。お茶や菓子などうるま市の特産品を販売するほか、併設のレストランではランチバイキングも味わえる。また、2階にある海の文化資料館も見学することができる(入場無料)。 琉球バスまたは沖縄バスで2時間、バス停:JA与那城支所前下車後、うるま市自家用有償バスで5分、バス停:海の駅あやはし館前下車。 [るるぶ] 沖縄県 うるま市 与那城屋平4
倉敷ダム(クラシキダム) 東南植物楽園裏(内喜納)。 [じゃらん] 沖縄県 うるま市 石川楚南8791

うるま市の観光スポット > その他 (7件)

津堅島(ツケンジマ) 勝連半島の沖合、勝連平敷屋港から4kmほど先にある津堅島は、平坦な土地でにんじん畑が盛んで「キャロット愛ランド」として知られている。海水浴、釣り、ダイビング等マリンスポーツに最適。アクセス:平敷屋港から船で約15分(一日5便)。 [じゃらん] 沖縄県 うるま市 勝連津堅
薮地島(ヤブチジマ) 屋慶名港の沖に浮かぶ無人島。島内には先祖発祥の地として信仰を集めた洞窟ジャネーガマがあり、考古学的にはヤブチ洞穴遺跡として知られる。 沖縄自動車道沖縄北ICから県道33号・37号を藪地島方面へ車で14km。 [楽天] 沖縄県 うるま市 与那城屋慶名
宇堅ビーチ(ウケンビーチ) 白い砂浜が美しいビーチ。夏になると市内はもちろん市外からの行楽客が訪れます。サンサンと輝く太陽の下で波と戯れるもよし、潮風を浴びながらバーベキューで一日中のんびりと過ごせます。 [じゃらん] 沖縄県 うるま市 宇堅6443
安慶名城跡(アゲナジョウアト) 離れて見上げると亀の甲羅を連想させる形が印象的な城跡。安慶中央公園内にあり、14世紀に大川按司[あじ]が築城したと伝えられる。城郭の北側を流れる天願川[てんがんがわ]を大川ともよぶことから、大川城ともいう。内側と外側に石垣をめぐらした、輪郭式の城跡は現存する中では県内唯一のもので国の史跡に指定されている。サンゴ石灰岩でできた岩山の自然の傾斜と断崖を巧みに利用した造りは、当時の高度な築城技術を今に…。 ゆいレール(沖縄モノレール)旭橋駅から徒歩3分の那覇バスターミナル→21・63・77・90番の路線バスで1時間20分、バス停:旧安慶名下車、徒歩5分。 [るるぶ] 沖縄県 うるま市 安慶名
屋慶名展望台(ヤケナテンボウダイ) 屋慶名港と薮地島に囲まれた屋慶名海峡は、昔から漁民たちの天然の航路として利用されてきた。「沖縄の瀬戸内海」の異名をとるだけあって、湖のように静かな水面と入り組んだ海岸線が美しい景観をつくりだしている。 自動車:沖縄道沖縄北ICから11km50分。 [るるぶ] 沖縄県 うるま市 与那城屋慶名
ぬちまーす観光製塩ファクトリー ぬちうなー(ヌチマースカンコウセイエンファクトリーヌチウナー) 塩入りのコスメを展開。 沖縄自動車道沖縄北ICから県道36・10号を宮城島方面へ車で25km。 沖縄県 うるま市 与那城宮城2768
浜比嘉大橋(ハマヒガオオハシ) 1997年に開通した一直線にのびる橋。これにより浜比嘉島は、海中道路を経由して沖縄本島と接続された。 自動車:沖縄道沖縄北ICから18km45分。 [るるぶ] 沖縄県 うるま市 勝連浜比嘉
Copyright(C)2013, IPC Ltd. All rights reserved.