目梨郡のエリア

目梨郡に隣接するエリア

目梨郡の関連リンク

目梨郡の観光スポット > おすすめ度4[優]★★★★ (5件)

知床岬(シレトコミサキ) 知床半島の先端で、知床岳の山稜が一気に海へ落ち込み、断崖が連なる。陸上からたどる道はない秘境。定期遊覧船から見るより方法はない。 [じゃらん] 北海道 目梨郡 羅臼町 知床岬付近
羅臼岳(ラウスダケ) 最東端の日本百名山に登る。 JR釧網本線知床斜里駅から斜里バスウトロ温泉方面行きで50分、終点で岩尾別温泉行きに乗り換えて24分、終点下車すぐ(岩尾別温泉ルート登山口)。 北海道 目梨郡 羅臼町 湯ノ沢町から北西6km以内
羅臼湖(ラウスコ) 羅臼岳稜線上にある山上湖、湖岸は高山植物のお花畑。「羅臼湖」に行くまでに、一ノ沼~五ノ沼が点在している。 [じゃらん] 北海道 目梨郡 羅臼町 湯ノ沢町から西7km以内
知床峠(シレトコトウゲ) 半島のウトロと羅臼を結ぶ知床横断道路は、全長27kmの曲がりくねった峠道。知床峠はその道路の再頂部、真正面に羅臼岳、眼下に深緑の大樹海、彼方には根室海峡と、そこに浮かぶ国後島を望む大パノラマが楽しめる。知床横断道路は開通期間が日本で最も短い国道の一つで、11月初旬~4月下旬は通行不能となる。 自動車:中標津空港から国道272・335号経由1時間40分。 [るるぶ] 北海道 目梨郡 羅臼町 湯ノ沢町から北西5km以内
カムイワッカ湯の滝(カムイワッカユノタキ) 川全体が流れる温泉、秘湯の名にふさわしい湯。 JR釧網本線知床斜里駅から斜里バスウトロ温泉方面行きで50分、ウトロ温泉バスターミナル下車、タクシーで50分(夏期はシャトルバスあり、要問合せ)。 北海道 目梨郡 羅臼町 岬町から北西10km以内

目梨郡の観光スポット > おすすめ度3[良]★★★ (5件)

知床国立公園羅臼温泉野営場(シレトココクリツコウエンラウスオンセンヤエイジョウ) 熊の湯が何よりの魅力。 標津市街から国道244号・335号で羅臼町へ。羅臼市街を抜け、羅臼温泉へ進み、右手側に現地。標津町役場から50km。 北海道 目梨郡 羅臼町 湯ノ沢町
知床横断道路(シレトコオウダンドウロ) 斜里町ウトロと羅臼町を結ぶ道路。頂上が標高738mで目の前に羅臼岳が見え、ドライブに最適。7月下旬でも残雪を望めることも。知床八景に登録されている。 JR知床斜里駅→バスで1時間30分、バス停:知床峠下車、徒歩すぐ。 [るるぶ] 北海道 目梨郡 羅臼町 湯ノ沢町から西5km以内
羅臼国後展望塔(ラウスクナシリテンボウトウ) 国後島や羅臼の街並みを一望。 JR花咲線釧路駅から阿寒バス羅臼行きで3時間30分、羅臼町本町下車、徒歩20分。 北海道 目梨郡 羅臼町 礼文町321
羅臼オートキャンプ場(ラウスオートキャンプジョウ) 知床半島の入口に位置し、羅臼岳と国後島を望めるロケーションだ。場内施設はシンプルながら、サイトはゆったりとした広さがあり、周囲の展望を楽しみながらのんびり過ごせる。 標津市街から国道244号・335号で羅臼方面へ。羅臼峠を越えて、総合運動公園隣に現地。標津町役場から35km。 [楽天] 北海道 目梨郡 羅臼町 幌萌町6281
丸魚 濱田商店(マルウオハマダショウテン) みやげ店に併設されたお食事処で魚介を堪能。 JR花咲線釧路駅から阿寒バス羅臼行きで3時間30分、羅臼高校前下車すぐ。 北海道 目梨郡 羅臼町 礼文町3651

目梨郡の観光スポット > その他 (11件)

マッカウス洞窟(マッカウスドウクツ) ★★ マッカウス洞窟の岩場に密生しているコケ。日本でも数ヶ所で、北海道の天然記念物に指定されている。「北海道」の名付け親、松浦武四郎が仮寝をした場所としても有名。 JR根室本線釧路駅から阿寒バス羅臼行きで3時間35分、終点で岩見橋詰・相泊方面行きに乗り換えて4分、洞くつ前下車、徒歩5分。 北海道 目梨郡 羅臼町 共栄町
羅臼の間歇泉(ラウスノカンケツセン) ★★ 羅臼温泉の国設野営場近くにある北海道指定の天然記念物。1962年(昭和37)に噴出した。当時の勢いはないものの、現在でも約1時間に1度、5~6mの熱湯が吹き上がる様子を、柵越しに見学できる。 JR知床斜里駅→斜里バス知床ウトロ温泉行きで55分、終点下車、斜里バス・阿寒バス羅臼行き(6月15日~10月15日運行)に乗り換え45分、バス停:羅臼温泉下車、徒歩5分。 [るるぶ] 北海道 目梨郡 羅臼町 湯ノ沢町
熊越の滝(クマゴエノタキ) ★ 熊の湯露天風呂から羅臼川を上流に遡ったところに落ちる落差8mほどの滝。羅臼町が歩道を整備したので、羅臼ビジターセンターを起点に探勝が可能になった。ガイドも頼める。 JR根室本線釧路駅から阿寒バス羅臼行きで3時間35分、終点でタクシーに乗り換えて5分、熊の湯露天風呂駐車場から徒歩20分。 [楽天] 北海道 目梨郡 羅臼町 湯ノ沢町6の西側付近
知床国立公園羅臼ビジターセンター(シレトココクリツコウエンラウスビジターセンター) 国立公園内の動植物等を紹介している。羅臼岳登山や、羅臼湖・熊越の滝などのトレッキングに関する情報も提供している。平成19年5月に新築され、展示内容が一新された。 [じゃらん] 北海道 目梨郡 羅臼町 湯ノ沢町627
羅臼町立林間広場キャンプ場(ラウスチョウリツリンカンヒロバキャンプジョウ) 白樺の林に囲まれた静かなキャンプ場。 [じゃらん] 北海道 目梨郡 羅臼町 礼文町311
知床ネイチャークルーズ(シレトコネイチャークルーズ) 最新鋭の航海設備を誇る遊覧船。とはいえ、遊覧目的だけでなく、羅臼で暮らす人々の暮らしや文化・漁業の歴史なども紹介。北方領土国後島を望みながら、雄大な自然を満喫できるほか、羅臼側からの知床半島を漁業経験豊富な船長が案内する。もともと水産高校の小型実習船として使用されていた船なので、安全対策、自然環境にも配慮されている。 JR知床斜里駅→阿寒バスで、バス停:羅臼営業所下車、徒歩12分。 [るるぶ] 北海道 目梨郡 羅臼町 本町271
クジラの見える丘公園・展望デッキ(クジラノミエルオカコウエン テンボウデッキ) 標高およそ80mの臨海崖の上にあって、視野200度ほどある展望デッキ。見晴らしの良い場所で観察すれば、野生のイルカやクジラを発見することができる。 JR花咲線釧路駅から阿寒バス羅臼行きで3時間35分、終点で阿寒バス相泊行きに乗り換えて5分、随道口下車すぐ。 [楽天] 北海道 目梨郡 羅臼町 海岸町
しおかぜ公園(シオカゼコウエン) 森繁久弥主演の映画「地の涯に生きるもの」のオホーツク老人の銅像及び「知床旅情」の歌碑がある。天気の良い日は、根室海峡の向こうに北方領土の国後島を眺めることが出来る。また、平成17年に知床が世界自然遺産に登録されたことを記念して、「地の涯に生きるもの-オホーツク老人)の原作者の戸川幸夫氏の文学碑が建立された。 [じゃらん] 北海道 目梨郡 羅臼町 共栄町
相泊温泉(アイドマリオンセン) 車で入れる知床半島の最終地点となる海岸の波打ち際にあり、湯壺の底の小石の間から温泉が湧出する。晴天時には海の向こうに国後島が見える好ロケーション。時期により簡単な小屋が掛けられるが、高波で壊れると一時的に入れない場合もあるので確認を。 JR釧路駅→阿寒バス羅臼営業所行きで3時間40分、終点下車、車で40分。 [るるぶ] 北海道 目梨郡 羅臼町 相泊
セセキ温泉(セセキオンセン) 根室海峡の海岸線にある、干潮時だけ出現する温泉。目の前に広がる大海原を見ながらの入浴は、まるで海の中の温泉に浸かっているようだ。昆布番屋の漁師さんが管理しているので、入浴は一声かけてから。 自動車:根室中標津空港から国道272号・244号・335号経由90km2時間。 [るるぶ] 北海道 目梨郡 羅臼町 瀬石
魚の城下町 本町 らうす丸 足湯(サカナノジョウカマチ ホンチョウ ラウスマル アシユ) 平成21年(2009)に道の駅知床・らうす裏の通りにオープン。使わなくなったウニ漁の船を使った足湯は、漁師町の羅臼らしい演出だ。乗船場に近いので、ホエールウォッチングをした後の冷えた体を温めるのにもピッタリ。 JR釧路駅→阿寒バス羅臼行きで3時間20分、バス停:羅臼営業所下車、徒歩12分。 [るるぶ] 北海道 目梨郡 羅臼町 本町3611
Copyright(C)2013, IPC Ltd. All rights reserved.