佐賀多久地区の市区町村(50音順)

(ア行)
(サ行)
(タ行)

佐賀多久地区に隣接するエリア

佐賀多久地区の関連リンク

佐賀市の代表的な観光スポット

三瀬ルベール牧場どんぐり村(ミツセルベールボクジョウドングリムラ) ★★★[良] 広大な敷地にレジャースポットが点在。 JR佐賀駅からタクシーで35分。 佐賀県 佐賀市 三瀬村杠223467
佐賀県立森林公園(サガケンリツシンリンコウエン) ★★ 樹木約5万本に囲まれて,運動広場,遊園施設がある。西側には県営球場も建設され,市民のいこいの場となっている。 [じゃらん] 佐賀県 佐賀市 久保田町大字徳万1897
佐賀ぽかぽか温泉(サガポカポカオンセン) ★★★[良] 天然湧出の湯とチムジルバン岩盤浴でぽかぽか。 JR佐賀駅から佐賀市営バスゆめタウン線で15分、ゆめタウン佐賀下車、徒歩5分。 佐賀県 佐賀市 兵庫町兵庫北土地区画整理地内46街区
佐賀城跡(サガジョウアト) ★★★[良] 鍋島三十六万石の拠点だった佐賀城。周囲に幅70mもの濠を巡らし、5層の天守閣を誇る名城とされた。佐賀の役の戦禍にあい、建物の一部を焼失。残った建物の多くは随時解体されていった。今も残る鯱(しゃち)の門と続櫓(つづきやぐら)は国指定の重要文化財だ。また平成16年には、幕末期の佐賀城本丸御殿の一部が復元され、現在は佐賀県立佐賀城本丸歴史館として公開されている。 自動車:長崎道佐賀大和ICから国道263・264号経由9.3km25分。 [るるぶ] 佐賀県 佐賀市 城内2丁目
佐賀県立佐賀城本丸歴史館(サガケンリツサガジョウホンマルレキシカン) ★★★★★[秀] 十代藩主鍋島直正が建てた佐賀城の本丸御殿の一部を忠実に復元。館内は、幕末から明治維新にいたる歴史を伝える歴史博物館になっている。本丸御殿の復元としては日本初。 JR佐賀駅から佐賀市営バス佐賀城跡線で13分、佐賀城跡下車すぐ。 [楽天] 佐賀県 佐賀市 城内2丁目181
川上峡(カワカミキョウ) ★★★[良] 九州の嵐山と呼ばれる景勝地。 JR佐賀駅から昭和バス古湯・北山行きで25分、川上橋下車すぐ。 佐賀県 佐賀市 大和町川上
鶴霊泉(カクレイセン) ★★★[良] およそ2200年前に徐福が発見したといわれ、歌人の斎藤茂吉が湯治に利用した湯が楽しめる。岩盤から湧き出る源泉の真上に湯船があり、底の砂の間から直接湯が湧く。 JR佐賀駅から昭和バス古湯・北山行きで45分、古湯温泉下車、徒歩3分。 佐賀県 佐賀市 富士町大字古湯875
佐嘉神社(サガジンジャ) ★★★[良] 佐賀藩10代藩主鍋島直正。11代藩主直大を祀る。 [じゃらん] 佐賀県 佐賀市 松原2丁目1043
神野公園(コウノコウエン) ★★★[良] 鍋島直正の別邸地跡を利用した公園。園内には別邸を復元した隔林亭[かくりんてい-時間:9~17時、休み:月曜、祝日の場合は翌日、年末年始)では、呈茶300円が楽しめる。遊園地(時間:9時30分~17時、その他夏期・冬期営業時間あり、休み:火曜、祝日の場合は翌日)や小動物園もあり。春には600本のソメイヨシノが咲き誇る桜の名所だ。 JR佐賀駅前の佐賀駅バスセンター→市営バス神野公園医大線で8分、バス停:神野公園下車、徒歩すぐ。 [るるぶ] 佐賀県 佐賀市 神園4丁目13
金立山いこいの広場(キンリュウサンイコイノヒロバ) ★★★★[優] 多目的研修室,バンガロー(計60名)トリム27ポイント,東屋3棟,バーベキュー炉8基,草スキー場30m×80m,駐車場200台,遊歩道,広場。 [じゃらん] 佐賀県 佐賀市 金立町大字金立1197331

小城市の代表的な観光スポット

中林梧竹記念館(ナカバヤシゴチクキネンカン) 独特の書風や書体を生み出した小城出身の書家、中林梧竹の作品や遺品を展示している。記念館の周辺には梧竹の石碑が点在し、石碑めぐりが楽しめる。 JR唐津線小城駅から徒歩10分。 佐賀県 小城市 小城町1584
小城公園(オギコウエン) ★★★[良] 樹齢約330年、一面約30畳の広さ。 [じゃらん] 佐賀県 小城市 小城町185
村岡総本舗 羊羹資料館(ムラオカソウホンポヨウカンシリョウカン) 老舗菓子舗の村岡総本舗が運営する私設資料館で、小城銘菓の羊羹に関する資料を展示。羊羹の試食と抹茶の無料サービスがある。レンガ造りの建物は国の登録有形文化財。 JR唐津線小城駅からタクシーで5分。 佐賀県 小城市 小城町上町861
清水の滝(キヨミズノタキ) ★★★★[優] 全国名水百選の一つ清水川の上流にある滝で、高さ75メートル、幅13メートルの清流が垂直に流れ落ちます。別名「珠簾(たますだれ)の滝」とも呼ばれ、滝のそばには名水にさらしたコイ料理店が軒を連ねています。夏季には避暑に訪れる人でにぎわい小城の奥座敷として評判をよんでいます。 [じゃらん] 佐賀県 小城市 小城町松尾22091
牛尾梅林(ウシノオバイリン) ★ 牛尾神社周辺に広がる丘(牛尾山)にある。梅の実を採るために栽培されている栽培梅のため、剪定などの手入れが行き届いている梅林だ。 JR牛津駅→車10分。 [るるぶ] 佐賀県 小城市 小城町池上4907
祥光山星巌寺(ジョウコウザンセイガンジ) 二代小城藩主・鍋島直能[なおよし]が建立した小城藩菩提寺。楼門をくぐると、境内にはさまざまな表情をたたえた小さな石仏、五百羅漢[ごひゃくらかん]が並ぶ。江戸中期に石工の一族が造ったと伝えられ、現在約200体が残る。奥には歴代小城藩主の墓所がある。自由に参拝可能。 自動車:長崎道佐賀大和ICから国道263号、県道48号経由20分。 [るるぶ] 佐賀県 小城市 小城町畑田3116
八丁キャンプ場(ハッチョウキャンプジョウ) ダム湖畔のこぢんまりとしたキャンプ場だが、緑が残されていて雰囲気は良い。人工グラススキー場など子どもが喜ぶ遊び場もあり、家族連れにぴったり。 長崎自動車道多久ICから国道203号で小城方面へ。晴田橋交差点で県道337号へ左折し、八丁ダムを目標に案内板に従って現地へ。多久ICから10km。 [楽天] 佐賀県 小城市 小城町畑田52921
小城市牛津保健福祉センター「アイル」(オギシウシヅホケンフクシセンター アイル) ★★★[良] 町が掘り当てた津の里温泉を活用。ぬるりとした感触の美肌作用が高い湯が楽しめる露天風呂のほか、内風呂、サウナつきの温水プール、足湯、トレーニングルームなどが整う。 JR長崎本線牛津駅から徒歩15分。 佐賀県 小城市 牛津町勝12211
オートキャンプ場(オートキャンプジョウ) ★★ 駐車場、オートキャンプサイト、オートテントサイト及び炊事場から成っている。 [じゃらん] 佐賀県 小城市 芦刈町永田30331
海遊ふれあいパーク(カイユウフレアイパーク) 有明海の希少動植物について学び、ふれあい、体験できる施設。5~10月は干潟体験場1人1回300円がオープン。干潟に入って潟スキーの体験ができるほか、ムツゴロウやシオマネキとふれあうこともできる。オートキャンプ場を備え、フリーテントサイト1張り1泊1000円、オートキャンプサイト1区画1泊2000円で通年利用可。 JR牛津駅→車15分。 [るるぶ] 佐賀県 小城市 芦刈町永田30331

多久市の観光スポット(5)

多久八幡神社(タクハチマンジンジャ) ★★ 建久4(1193)年、多久太郎宗直の創建と伝えられ、応神天皇、神功皇后、仁徳天皇を祀る。神殿は、桁・梁間3間の流造りで、欄間のボタンや鳳凰の透かし彫りが目を引く。 JR唐津線多久駅から昭和バス竹下町行きで7分、本多久下車、徒歩5分。 [楽天] 佐賀県 多久市 多久町18021
鬼ノ鼻山憩いの森(オニノハナヤマイコイノモリ) 標高435mの頂上には鬼の形をした展望台があり、そこから佐賀平野を一望することができる。 [じゃらん] 佐賀県 多久市 多久町188755
西渓公園(セイケイコウエン) ★★ 多久家家老屋敷跡を杵島王・高取伊好が購入し大正9年~13年にかけて整備。多久に寄贈した山水庭園。春は桜、秋は紅葉が美しい。また、園内には、高取伊好が寄贈した国指定登録有形文化財「寒鶯亭(かんおうてい-や、郷土資料館、先覚者資料館、歴史民俗資料館、大宝聖林碑、滝口康彦文学碑、琴の音色がする「水琴窟」などがある。3つの資料館はいずれも無料。寒鶯亭は、桜、紅葉時期のみ無料。 [じゃらん] 佐賀県 多久市 多久町19751
多久聖廟(タクセイビョウ) ★★ 儒学の祖、孔子を祀る。 JR唐津線多久駅から昭和バス竹下町行きで7分、本多久下車、徒歩15分。 佐賀県 多久市 多久町東ノ原1642
大平庵酒蔵資料館(タイヘイアンサカグラシリョウカン) 肥前佐賀の酒造り用具2334点が収蔵されており、酒造りの工程や用具などを知ることができる。隣にはそばが有名なレストラン太平庵がある。 [じゃらん] 佐賀県 多久市 東多久町大字別府4650
Copyright(C)2013, IPC Ltd. All rights reserved.