青森県に隣接するエリア

青森県の関連リンク

津軽の代表的な観光スポット

青森県観光物産館 アスパム(アオモリケンカンコウブッサンカン アスパム) ★★★★★[秀] 青森の魅力を紹介する観光物産館。 JR青森駅から徒歩8分。 青森県 青森市 安方1丁目140
青森県立美術館(アオモリケンリツビジュツカン) ★★★★★[秀] 縄文時代の巨大集落遺跡である三内丸山遺跡の隣に建造された美術館。外観は、土の壁と白い壁が表情豊かな展示空間を演出しており、参加型の開かれた美術館を目指している。 JR青森駅から青森市営バス運転免許センター行きで20分、県立美術館前下車すぐ。 [楽天] 青森県 青森市 安田近野185
青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸(セイカンレンラクセンメモリアルシップハッコウダマル) ★★★★[優] 記念館津軽海峡文化コーナー.展望プロムナード.展望広場等あり。青函連絡船80年の歴史や船の構造など楽しみながら学ぶことができます。当時のままの本物のエンジンルームやブリッジなども見学できます。 [じゃらん] 青森県 青森市 柳川1丁目11215
青森県営浅虫水族館(アオモリケンエイアサムシスイゾクカン) ★★★★★[秀] イルカとアシカの生態展示ショーのほか、各種の水生生物を飼育・展示。ホタテ等の養殖状況も。青森県はもちろん世界中から集めた珍しい海洋動物がいっぱいの、見て、感じて触って、学べる水族館。長さ15mのトンネル水槽、珊瑚礁の水槽や、地元陸奥湾での養殖、絶滅の恐れがある希少淡水生物も展示。 [じゃらん] 青森県 青森市 浅虫馬場山125
八甲田(ハッコウダ) ★★★★[優] 青森市の南側にそびえる八甲田山。「八甲田山」といっても、ひとつの山をさすのではない。大岳(標高1,585m)を主峰として高田大岳、井戸岳、赤倉岳、前嶽、田茂萢岳、小岳、硫黄岳、石倉岳、雛岳の10の山々を北八甲田といい、櫛ケ峰をはじめ6峰の山々を南八甲田という。那須火山帯に属す。6月は新緑、10月は紅葉、11月下旬から5月中旬までスキーができる。秋には全山紅葉し、たくさんの観光客が見物に訪れる…。 青森駅からバスで。 [じゃらん] 青森県 青森市 荒川寒水沢112
津軽藩ねぷた村(ツガルハンネプタムラ) ★★★★★[秀] 弘前ねぷたまつりや津軽三味線生演奏、津軽民芸品製作実演など津軽をまるごと体験可能。青森県内の土産や特産品を取り扱う売店、津軽の郷土料理など提供する食事処も充実。 JR奥羽本線弘前駅から弘南バス浜の町方面行きで12分、亀甲町角下車すぐ。 青森県 弘前市 亀甲町61
岩木山(イワキサン) ★★★★★[秀] 鳥海火山脈に属する休火山で,青森県で一番標高の高い岩木山は、津軽平野のどこからでも見ることができ、広く裾野を引いた姿の美しさから津軽富士とも呼ばれる。昭和50年には津軽の名山として津軽国定公園に指定された。なお、古来より信仰の山として知られている。 [じゃらん] 青森県 弘前市 向外瀬岩木山
岩木山神社(イワキヤマジンジャ) ★★★★[優] 古くからこの地方の厚い信仰を受け、杉木立と建物の調和が美しい。安寿姫と厨子王の霊も祀られている。岩木山神社の本殿、拝殿、楼門、奥門、瑞垣、中門は国の重要文化財に指定されている。 [じゃらん] 青森県 弘前市 百沢寺沢27
龍飛崎(タッピザキ) ★★★★[優] 年間を通して強風が吹く地帯として知られる龍飛崎。龍飛崎という地名も、龍が飛ぶほど強い風が吹くからともいわれる。その突端には龍飛埼灯台が立ち、北には津軽海峡を隔てて北海道・函館山などの山並み、南には裏龍飛海岸や小泊・権現崎などが一望できる。また、龍飛岬観光案内所・龍飛館の前には、太宰治文学碑があり、太宰治の小説『津軽』の一節「ここは本州の袋小路」と刻まれている。 JR三厩駅→外ケ浜町循環バス龍飛崎灯台行きで30分、終点下車、徒歩すぐ。 [るるぶ] 青森県 東津軽郡 外ヶ浜町 三厩龍浜
十二湖(ジュウニコ) ★★★★★[秀] 白神山地西麓のブナの森の中に点在する、大小33の湖沼群。大崩からは12の湖が見えるため、この名称が付けられた。散策は1周約1時間30分から3時間20分。 JR五能線十二湖駅から弘南バス十二湖行きで15分、奥十二湖駐車場下車すぐ。 [楽天] 青森県 西津軽郡 深浦町 松神付近

下北の代表的な観光スポット

薬研渓流(ヤゲンケイリュウ) ★★★[良] 滝・淵・岩が美しい渓流美を見せ新緑紅葉が特に見事。渓流沿いに続く遊歩道は1周すると約6km、2時間ほどの距離で、川のせせらぎを聞きながら森林の中を歩くことが出来る。途中、樹齢600年の栗の木や、ヒバ、ブナなどの実験林、昔使われていた森林軌道の名残も見られる。 [じゃらん] 青森県 むつ市 大畑町薬研
むつ下北観光物産館 ★★★[良] 下北半島の特産物や山海の美味、珍味が勢揃い。 JR大湊線下北駅から下北交通大畑行きバスで10分、むつバスターミナル下車すぐ。 青森県 むつ市 柳町1丁目1025
宇曽利山湖(ウソリヤマコ) ★★★[良] 恐山カルデラにある火口原湖。青緑色の水は強酸性で生物はいないと思われていたが、実は世界でも珍しい天然ウグイの棲息地となっている。水の落口附近は三途の川と呼ばれる。 [じゃらん] 青森県 むつ市 田名部宇曽利山
恐山(オソレザン) ★★★★★[秀] 高野山、比叡山と並ぶ日本三大霊場のひとつ恐山。8つの外輪山と宇曽利山湖一帯を総称する名前だ。湖畔には、862年(貞観4)に慈覚大師が開いたという恐山菩提寺がある。一帯は、地獄谷や賽ノ河原などと呼ばれる白茶け、荒涼とした風景が広がる。 自動車:八戸道八戸ICから国道4・279号経由2時間30分。 [るるぶ] 青森県 むつ市 田名部宇曽利山32
夢の平成号(ユメノヘイセイゴウ) ★★★[良] 脇野沢港から西海岸を経て、仏ヶ浦まで運航している高速遊覧船。20数kmにおよぶ下北半島ならではの雄大な景観を楽しむことができる、片道約45分間の船旅だ。 JR大湊線大湊駅からJRバス川内・脇野沢行きで1時間10分、脇野沢下車、徒歩3分。 [楽天] 青森県 むつ市 脇野沢脇野沢港
大間崎(オオマザキ) ★★★★[優] 本州最北端,北海道を望む地。海上に弁天島が浮ぶ。 [じゃらん] 青森県 下北郡 大間町 大間大間平171
尻屋崎(シリヤザキ) ★★★★[優] 岩礁が多く古来より難波岬として恐れられてきた。台地は白い燈台と牛馬の放牧で明かるい風景を見せる。(寒立馬が有名)。 [じゃらん] 青森県 下北郡 東通村 尻屋
津軽海峡文化館(アルサス)(ツガルカイキョウブンカカン(アルサス)) ★★★[良] 仏ヶ浦行き観光船と青森行き旅客船のターミナル。物産品の販売や食堂、喫茶店、海峡ミュージアム、展望室などが整っている。 JR大湊線下北駅から下北交通佐井行きバスで2時間15分、佐井役場前下車すぐ。 [楽天] 青森県 下北郡 佐井村 佐井大佐井112
仏ヶ浦観光遊覧船(ホトケガウラカンコウユウランセン) ★★★[良] 佐井港から佐井定期観光と仏ケ浦海上観光の定期船が運航。風雨と荒波で浸食された奇岩が約2kmにわたって続く、仏ケ浦の美しい海岸線を海の上から楽しめる。1周1時間30分(仏ケ浦での下船、約30分間の散策含む)。 JR下北駅→下北交通バス大畑行きで10分、むつバスターミナル下車、下北交通バス佐井行きに乗り換え2時間5分、バス停:佐井下車、徒歩3分で佐井港の観光船発着場、または青森港→シィライン高速船ほくとで2時間20分。 [るるぶ] 青森県 下北郡 佐井村 佐井大佐井112
仏ケ浦(ホトケガウラ) ★★★★[優] 白緑色の奇岩が仏のように群立し極楽浄土の観がある。岩の名前も仏に因む。大町桂月の歌碑がある。 [じゃらん] 青森県 下北郡 佐井村 長後仏ケ浦

三八上北の代表的な観光スポット

櫛引八幡宮(クシヒキハチマングウ) ★★★[良] 鬱蒼とした大杉の森に囲まれた700年以上もの歴史を誇る神社。国宝赤糸・国宝白糸威の大鎧や、国の重要文化財になっている鎧なども所蔵している。 JR東北新幹線八戸駅からタクシーで10分。 [楽天] 青森県 八戸市 八幡八幡丁3
八食センター(ハッショクセンター) ★★★★★[秀] 採れたての野菜や八戸港で水揚げされたばかりの魚介類が数多く並ぶ。毎週日曜の朝には、駐車場でフリーマーケットも開催。 JR東北新幹線八戸駅から八食100円バス八食センター行きで10分、終点下車すぐ。 [楽天] 青森県 八戸市 河原木神才222
陸奥湊駅前朝市(ムツミナトエキマエアサイチ) ★★★★[優] 昔から今まで漁業基地として知られる、この港町の朝市は、イワシ・サバ・イカなどの新鮮な魚介類が並ぶ市営魚菜小売市場を中心に、鮮魚・干物・珍味・野菜・花などが並ぶ店々がある。 [じゃらん] 青森県 八戸市 湊町
種差海岸(タネサシカイガン) ★★★★[優] 蕪島から南東へ約12kmにかけて続く、美しい海岸線。青々とした天然芝、白浜青松の砂浜、大小の岩が、変化に富んだ景観を作り上げている。春から秋にかけてはハマナスなどの海浜植物が咲き誇り、夏はキャンプや海水浴が楽しめる。国の名勝に指定されている。 JR種差海岸駅→徒歩3分。 [るるぶ] 青森県 八戸市 鮫町
イトムカの入り江(イトムカノイリエ) ★★★★[優] イトムカとはアイヌ語で光輝く泉…という意味だそうです。はるか昔、アイヌの人々山や湖や森の神を信仰し、自然と共存していた時代へタイムスリップできる場所です。まさにカムイミンタラ(アイヌ語で神々のあそ…。 十和田湖ボートアドベンチャー。 青森県 十和田市 奥瀬から南西24km以内
奥入瀬渓流(オイラセケイリュウ) ★★★★★[秀] 十和田湖の子ノ口から蔦川と合流する約14kmの流れ。豊かな樹木や大小の滝、巨大な岩や切り立った崖などが景観に彩りを添える。渓流沿いには遊歩道も整備されている。 JR東北新幹線八戸駅からJRバス十和田湖行きで1時間20分、焼山下車すぐ。 [楽天] 青森県 十和田市 奥瀬
銚子大滝(チョウシオオタキ) ★★★★[優] 幅20メートル、高さ7メートルの見事な水量を誇るこの滝は奥入瀬の本流にかかる唯一の奥入瀬渓流最大の滝。この滝は奥入瀬を遡上して十和田湖に入ろうとする魚を拒む、魚止めの滝でした。勇壮で見事な水量は今もなお十和田湖の神秘を守る番人の様です。 (1)青森駅からバスで(2)八戸駅からバスで。 [じゃらん] 青森県 十和田市 奥瀬
瞰湖台(カンコダイ) ★★★[良] 宇樽部と休屋の中間に位置する国道103号線の峠にある展望台。標高583mから、右に千丈幕の断崖、左に中山半島の起伏、眼下に中湖を望む。 [じゃらん] 青森県 十和田市 奥瀬宇樽部国有林64林班
十和田神社(トワダジンジャ) ★★★[良] 日本武尊(やまとたけるのみこと)と湖の主・南祖坊をまつったところ。鎌倉時代以前から修験僧徒(山伏)の修行場として知られ、江戸時代には南部藩の霊場として発展した。南祖坊の伝説にちなむ鉄のわらじが奉納されている。 [じゃらん] 青森県 十和田市 奥瀬十和田湖畔休屋486
十和田市現代美術館(トワダシゲンダイビジュツカン) ★★★★★[秀] 十和田市現代美術館は、国内外で活躍するアーティストによる建築や空間と一体となった恒久設置のコミッションワーク(依頼製作によるアート作品)を展示しています。展示室に限らず、中庭、屋上、階段室など、敷地のあらゆる空間で、多様なアート作品が展開し、来訪者に「新たな体験」を提供します。 [じゃらん] 青森県 十和田市 西二番町109
Copyright(C)2013, IPC Ltd. All rights reserved.